2018春ドラマ

ブラックペアンで二宮和也演じる渡海。原作ではただのエロおやじ?

こんにちはうさぎ♪です。

2018年4月からTBS日曜劇場にて放送されるドラマ『ブラックペアン』

二宮和也さん主演、そして原作が「チームバチスタシリーズ」の海堂尊さんということで、放送前からかなり注目されています。

 

二宮和也さんは、このドラマの原作である『ブラックペアン1988』に登場する、出世に興味ナシ、身勝手な言動で周囲との軋轢の絶えない、孤高の天才外科医、渡海征司郎を演じるのですが、この原作のキャラクターが、爽やかな二宮さんのイメージと、かなりかけ離れていました(笑)

 

しかも原作のキャラクターからの改変も、ちょくちょくあるみたいです。

どのくらいかけ離れているのか、原作から渡海を説明する文章を引用して比べてみたいと思います。

ブラックペアン:のあらすじとキャスト報告!原作はあの人気小説家!

ドラマ『ブラックペアン』の原作はあの人気作の”前日譚”だった?


スポンサードリンク


 

 

まずは、ドラマのあらすじから!

burakkupeannninomiya

出典:TBS

というわけで、まずはドラマのあらすじから、「ドラマ版の」渡海征司郎像を見ていきましょう。

 

 

二宮が演じるのは、天才的な手技(縫合技術)を持つ外科医・渡海 征司郎とかい せいしろう。大学病院にいながら出世に興味のない一匹狼で、万年ヒラの医局員だ。手術成功率100%を誇る孤高の天才外科医である一方、その傲慢な性格と言動が周囲との軋轢を常に生んでいる。同僚からは「患者を生かし、医者を殺す」と評される、通称“オペ室の悪魔”。

<中略>

そしてこの闘いは技術導入だけの問題にとどまらず、病院・研究室と製薬会社、医療機器メーカー、そして厚生労働省などとの癒着問題にまで発展していく。外科医としてのプライドを守ろうとする渡海が嫉妬渦巻く大学病院という巨大な組織に真っ向から立ち向かい、新技術導入を巡る様々な不正や隠された過去を暴いていく

出典:http://www.tbs.co.jp/blackpean_tbs/

 

 

ドラマ版のあらすじを読んでいると、この「渡海征司郎」は

天才的な手術の技術を持ち、出征に興味がなく、性格が傲慢だけで手術成功率100%。そして、医療機器メーカーや厚生労働省との癒着問題や、あらゆる不正を暴いていく、「性格は悪いけど、本当は誰よりもまっすぐな、いわゆる”ダークヒーロー”」といった雰囲気の人物を想像してしまいます。

 

演じるのも二宮さんですし、かっこよく巨悪に立ち向かっていく想像が容易にできますね。

 

実際、このドラマのプロデューサーさんも、

 

「今回は初の外科医、しかもダークヒーローを演じられるので、これまでに見たことのない、新しい二宮さんが見られると思います。」

 

とコメントしているので、この方向で物語が作られていくのは間違いないでしょうね。

 

ドラマ版のあらすじなら、二宮さんのクールなイメージとかなりマッチした「渡海」になりそうですが・・・。


スポンサードリンク


 

 

では、原作での「渡海征司郎」を見てみましょう!

burakkupean

では今度は、このドラマの原作である『ブラックペアン1988』の渡海征司郎を見ていきましょう!

 

まずは渡海征司郎を表現している文章を引用してみたいと思います。

 

 

「その時、くっくっくという笑い声が聞こえた。ボタンを外した白衣をだらしなく着た、長身の中年男がその笑いを発していた。」

男はぼさぼさの頭をかきあげながら、言う」

「渡海の白衣はよれよれで汚れも目立っていたが・・・<中略>・・・糸がほつれて、ボタンが取れてしまいそうになっている。」
行きつけの「飲み屋」に行く渡海.

「渡海はジャケットをすっきり着込み、鏡に向かって鼻歌交じりでシェーバーをかけていた。」

「渡海は最後のシェーバーのひと剃りを終え、頬に微香性のローションをぴしゃぴしゃと押し当てる。」
ディスコにった際の渡海のセリフ

「どうだ?ワンレンボディコンのねえちゃんがよりどりみどり。楽しいだろ

 

これは、実際に原作『ブラックペアン1988』に書かれている、渡海征司郎を表現した文章なのですが、仕事中の着用している白衣はよれよれで、きちんと洗濯もされていないものを着用しておきながら、行きつけのおねえちゃんがいる飲み屋に行く際には、きちんとジャケットを着こみ、シェーバーの後は頬に微香性のローションまで塗り、最終的に研修中の世良を連れてディスコに行った際には、

 

「どうだ?ワンレンボディコンのねえちゃんがよりどりみどり。楽しいだろ」

 

というセリフまで吐いてます。ただの「エロおやじ」じゃねえか!

 

思ったよりも全然”ダークヒーロー感”がないですよね(笑)しかもこのキャラクターを二宮さんが演じるところが、全然想像できませんよね。
しかも、ドラマ版の渡海は、「技術導入だけの問題にとどまらず、病院・研究室と製薬会社、医療機器メーカー、そして厚生労働省などとの癒着問題」にまで戦いを挑んでいくという雰囲気になっているのですが、小説版の渡海は、
・お姉ちゃんのいる飲み屋で飲んだ代金は、全部製薬会社に払わせる。
・新技術に裏がないか、製薬会社に探りを入れさせる。
など、自ら進んで病院と製薬会社の”癒着”をがっつり利用して楽しんでいたりしてます。

 

それでも、彼なりの「正義感」から行動していたのならまだ成立するのですが、ネタバレになるので書くことができませんが、彼の抱いている怒りは、結局「勘違い」で、この小説では、渡海は決して「ダークヒーロー」としては描かれていませんでした。

 

以下のこのドラマの原作である『ブラックペアン1988』ネタバレを細かく書いていますので、ドラマを見る前に、「ネタバレも含めて」知っておきたい人は参考にしてみて下さい。

ドラマ『ブラックペアン』原作のあらすじとネタバレ・解説!主人公が違う?

 

 

 

原作とドラマ版では、「渡海征司郎」が別物?

rp_YUKA20160818230216_TP_V-1024x8291.jpg

今度放送されるドラマ『ブラックペアン』ですが、二宮さん演じる「渡海征司郎」は、小説のキャラクターとは、ちょっと違ったキャラクターになりそうですね。

 

原作では登場しなかった、「渡海征司郎の母」という役も、ドラマオリジナルで登場しますし今回は原作とドラマとでは「別物」と考えたほうが楽しめるかも知れませんね。

 

ただ、現時点ではあらすじを読んでみて、原作と比べているだけなので、もしかしたら実際に放送されるドラマ版では違うかも知れませんが・・。

 

どちらにせよ、原作版のイメージだと、二宮さん、ちょっとカッコよすぎるなあという印象です。ドラマの主人公にするので、仕方ない話なのかも知れませんが・・・。

 

 

まとめ

FB0I9A8416_TP_V

今回はドラマ『ブラックペアン』にて、二宮さんが演じる「渡海征司郎」が、ドラマ版と原作版とでかなりかけ離れているのでは?ということに関してまとめてみました。

 

まだドラマが放送されたわけではないので、どのくらいかけ離れているのかはわかりませんが、「渡海征司郎の母」なるものが登場する時点で、原作からはかなりかけ離れたものになるのでは?と予想しています。

 

まあ、それでドラマがつまらなくなるわけでもありませんし、そもそも主役が「渡海征司郎」という時点でかなり違和感はあったので、原作ファンは「ちょっと違ったもの」として見たほうが楽しめるかも知れませんね。

 

さて、どんなふうなドラマになるのか、今から楽しみです。

 

というわけで今回はここまで!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

『ブラックペアン』タイトルの意味にネタバレが含まれててヤバイ?


スポンサードリンク