2018夏ドラマ

グッドドクター6話の評価評判・感想!お父さんにイライラだけど・・。

こんにちはうさぎ♪です。

2018年8月16日に放送されたドラマ『グッドドクター』の6話の評価・評判・感想をまとめてみました。

毎回毎回泣かされてしまうドラマですが、今回はどのような評価をされているんでしょうか?

 

グッドドクター(日本版)動画を無料で観る方法!デイリーモーションやYouTubeでも視聴可?

 


スポンサードリンク

 

グッドドクター6話のあらすじ。

guddodokuta-6

 

新堂湊(山﨑賢人)の転科は、瀬戸夏美(上野樹里)の高山誠司(藤木直人)への助言も得て無くなった。高山から当直医も任されることになった湊は、さらに活き活きと働き出す。だが、夏美は湊が心配。湊の父、航(遠山俊也)から連絡先が書かれたメモを渡して欲しいと頼まれていたからだ。湊が航から虐待を受けていたことを知る夏美は、司賀明(柄本明)に相談。すると司賀はこの件は自分に預けて欲しいとメモを預かった。
高山は医局に湊たちを集める。そこには産婦人科医の鶴田皐月(堀内敬子)が来ていた。皐月の要件は出産間近の患者、水野理香(篠原ゆき子)のこと。理香の胎児にリンパ管腫が見つかり、このままでは正常な分娩が出来ない。そのため、帝王切開の分娩時に臍帯を切り離さず血行を確保したまま胎児に処置を行うEXITという手術を、皐月は小児外科医に依頼する。だが、理香は周産期心筋症を患っているため胎児の処置は30分以内で終わらなければならない。リスクを伴う手術に間宮啓介(戸次重幸)は反対する。だが、高山は患者が望むならと請け負い、助手に夏美と湊を指名した。
湊と夏美は病室へ行き、子どもだけでも助けて欲しいという理香の強い思いを知る。湊は高山から渡されたEXITに関する大量の文献を読み漁った。だが、その帰り道、湊は航に声をかけられる。怯える湊を、会いたかったと抱きしめる航。湊は航と食事に行くことを約束する。これを知った夏美は司賀に報告して…。

出典:https://www.fujitv.co.jp/gooddoctor/story/story_06.html

 

湊の「お父さん」が出てきて、さらなる試練が湊を襲うことになりますが、いったいどうなるんでしょうか。

 

そして今回は、母体にリスクの大きい出産。旦那さんも反対しているということで、湊たちはどのような決断をするのか、試されることになりそうです。

 

ドラマ『グッドドクター』6話の評価・感想。

rp_a3-1024x6661-1024x666111-1024x666.jpg

というわけでさっそく6話の評価・感想をまとめてみました!

「湊先生のお父さん出て来てどうなるだぁ~って思ったけど6話のグッドドクター感動しました。赤ちゃん、まなみちゃんとお母さん助かって良かった

「奏太の思いと院長の思いが湊の思いを後押しして湊を成長させた素敵なエピソードでした…」

「コウノドリでは赤ちゃんを亡くした役だった篠原ゆき子さんが今回の役では無事に出産できてよかったぁ〜!と。役だから本来関係ないけど、なんか、よかった〜と思った。」

「グッドドクター6話、めちゃくちゃ泣いた。

「「これはドラマなんだ、みんな演技なんだ!湊はほんとは山﨑賢人なんだよ!」って自分に言い聞かせてからじゃないと、見れない。

高山先生、いきなり湊のサポートに回るとは腹を括ったのかな。

「グッドドクター の6話を見て大号泣してしまった…ケントヤマザキの演技がうますぎて鳥肌立つ。完全に自分を消してて、新堂先生というひとりの人間にしか見えない…こんなに演技ができる子だと思わなかった。」

「母子共に危険な状況にある妊婦の水野理香さん役の女優さんは、コウノドリ2で切迫入院で死産してしまう西山瑞希さん役を見事に演じ切ったあの方だったのね…どおりで何かリンクしてる様な気がしてたゎ」

 

 

やはり6話も山崎賢人さんの演技力の高さが注目されていました。

 

どう見ても、今までの山崎賢人さんには見えず、どうしても「新堂湊」に見えてしまうから驚きですよね。目の動かし方とか、表情とか、しゃべり方とか・・。

 

このドラマで一気に演技力が開花したんでしょうね。

 

そして相変わらず「泣いた!」「号泣!」という評価が目立ちました。

 

手術の場面では、本当にぎりぎりのところで湊の判断が効き、手術室に彼がいたことによって、お母さんも赤ちゃんも助かりました。お父さんが手術を望んだとはいえ、もし湊がいなかったら両方共に死んでいたということなので、本当に間一髪の手術でした。

 

助かった時は、本当にほっとしましたね・・・。

 

 

湊のお父さんが出演しましたが、本当に最低の父親でひどかったですね・・・。まあ、お父さんも心に相当な傷を抱えてしまったのかも知れませんが・・・。

 

「グッド ドクターで泣いた( ;∀;)めっちゃええ話やんけ。お父さん胸くそ悪いわ。」

「グッドドクター見てて、湊のお父さんがあんまりにもあんまりにも酷くて…」

「グッドドクターすごい山崎けんとすごいお父さん嫌い」

「お父さんとのシーンつらいけどそんなに引きずることなくてよかった」

 

しかし、湊は、長く引きずることなく、一度はあきらめかけた医者の道に、また戻りましたね。よかったよかった。

 

ちなみに、ドラマ『コウノドリ』では赤ちゃんをなくしてしまった役をしていた「篠原ゆき子」さんが、今回はきちんと生むことができたことに、喜んでいる人がちょくちょくいました!そうやって見ると、また感慨深いものがありますね。関係ないけどね。

 


スポンサードリンク


 

ドラマ『グッドドクター』6話の感想。

00_PP39_PP_TP_V

筆者も実際に見ました!

 

湊のお父さんにはめちゃくちゃ腹が立ちましたが、そのお父さんでさえ、息子を事故で無くしているのだから、心の傷は計り知れないんだろうなあと推測してしまいます。ただ、それにしたってひどいじゃないか!そして、お金をもってへらへらと歩いて帰ってゆく・・・。

 

たぶんお父さん、もう一回くらい現れて、金をたかりにくるだろうなあ・・。あるだろうなあ。やだなあ。

 

高山先生が湊を認め始めて、手術にも同席させたことで今回は母子ともに助かりましたが、周りからの理解やサポートもどんどん得られるようになって、これからの湊先生の活躍が楽しみですね。

 

しかし、母体か、それとも赤ちゃんか、そんな選択、一緒に一度でもしたくないなあ・・・。
助かった時は、本当にほっとしたし、泣きました・・・。

 

今回も、やっぱりいいドラマでしたね。

 

 

ドラマ『グッドドクター』6話、レストランのロケ地は?

 

健気にも、湊がお父さんと一緒に食事をしようと予約していたレストラン。すごく夜景のきれいなところでしたけど、場所はどこなんでしょうか?

 

arasuka

http://xn--ccks4bb7e1jbt0e.jp/azumabashi/facility.html

 

このレストランは、『レストランアラスカ 吾妻橋店』です。

隅田川や浅草の街並みを一望できるロケーション!

メニューはディナーコースで3780円から12960円まである、比較的利用しやすいお店みたいですね。

 

次回『グッドドクター』7話のあらすじは?

guddodokuta-7

次回のあらすじをまとめてみようと思います。

 

小児外科でカンファレンスが行なわれている。新堂湊(山﨑賢人)は高山誠司(藤木直人)が質問する森下伊代(松風理咲)の肝障がいへの対処法を正確に答えた。高山は湊を伊代の担当医に任じるが、同じレジデントの中島仁(浅香航大)は面白くない。瀬戸夏美(上野樹里)は自分にもわからなかった対処法なので仕方がないと中島を慰める
夏美を訪ねて倉田菜々子(福田麻由子)が病院に訪ねて来た。菜々子はかつて夏美が担当した患者。現在は保育師として働く菜々子は、同僚の馬渕健太郎(藤原季節)からプロポーズされたが卵巣摘出手術を受けたことを言い出せないでいた。そこで、夏美から健太郎へ話して欲しいのだ。夏美は健太郎に説明する。卵巣がひとつ残っていれば妊娠も可能だと言う説明に健太郎は、気持ちは変わらないと答えて結婚へと進むことになった。
一方、高山は東郷美智(中村ゆり)から別れを切り出された。経営者として小児外科廃止へ向かう美智は、高山とは一緒にいられないと告げる。高山もチームを必ず守ると別れを承諾。美智は司賀明(柄本明)にも病院の方針を告げた。その時、美智は院長室のゴミ箱に司賀本人の診断書を見つけてしまう。
 菜々子は母の良枝(山下容莉枝)に健太郎との結婚を報告。だが、菜々子は激しい頭痛に見舞われて東郷記念病院に緊急搬送された。菜々子の担当医は本人の希望で夏美となり、伊代と同じ病室に入院する。菜々子は脳に異常はなかったが…。

https://www.fujitv.co.jp/gooddoctor/story/story_07.html

 

 

小児科廃止に向行けて動き出してしまいましたが、これからどうなるんでしょうかね。
次回のゲストは福田麻由子さんと藤原季節さんです。

 

 

まとめ

matome

今回はドラマ『グッドドクター』の6話の評価・感想をまとめてみました。

 

湊先生、お父さんとの辛いやり取りはありましたが(辛すぎるけどね)見事立ち直り、手術を成功させました!周りからのサポートも得られるようになって、これからますます湊先生の活躍が楽しみですね♪
というわけで今回はここまで!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 


スポンサードリンク