ペンギンハイウェイ

映画『ペンギンハイウェイ』原作キャスト・考察感想・舞台まとめ

こんにちはうさぎ♪です。

2018年8月17日に公開した映画『ペンギンハイウェイ』

 

なんと公開初日14時の時点で”興収10億円突破を確実”にしていて、長編アニメ初挑戦の新人監督作品としては異例の好スタートを切っているそうです。よかったですね石田監督!

 

というわけでこのページでは、映画『ペンギンハイウェイ』についてのいろいろをまとめてありますので、よろしくお願いいたします。

 


スポンサードリンク

 

映画『ペンギンハイウェイ』の基本情報!

pengin3

出典:公式サイト

ここでは、この映画の原作、声優さんやスタッフさんについての情報をまとめてあります!

 

この作品では、プロの声優さんもいますが、いつもどちらかというと「評価の低くなりがちな」テレビに出ている俳優さんも声を担当しています。今回は蒼井優さんや西島秀俊さんですが・・・。

評価はどのようなものになっているんでしょうか?

『ペンギンハイウェイ』声優キャスト一覧!タレント声優は不評?

アニメ映画『ペンギンハイウェイ』ハマモトさん役の声優は誰?

 

 
この映画のキャラクターデザインは、新井陽次郎さん。元「スタジオジブリ」にいたアニメーターさんです。なんと新井陽次郎さん、「道徳の教科書」にイラストが使われているんですよ!

映画『ペンギンハイウェイ』のキャラデザインは誰?道徳の教科書も?

 

 

この映画の原作は『夜は短し歩けよ乙女』の森見登美彦さん。原作小説が「つまらない」と言われているみたいですが、それには理由がありました。

ペンギンハイウェイ:原作小説がつまらない理由。森見ファンには不評?
そして、あらすじをまとめてありますので、ご覧ください!

アニメ映画ペンギンハイウェイ:原作とあらすじ。映像化は困難だった?

 


スポンサードリンク



映画『ペンギンハイウェイ』の舞台、ロケ地、聖地まとめ

tomoda

出典:googlemap

ここでは映画『ペンギンハイウェイ』の舞台である「奈良県生駒市」についてまとめてあります。

 

映画版と小説版で微妙に違いますが、地図などにしてまとめてあるので、わかりやすいですよ!

映画ペンギンハイウェイ聖地巡礼(ロケ地)位置関係を地図で解説!

映画『ペンギンハイウェイ』の聖地(ロケ地)モデルの場所は?

 

ちなみにですが、舞台となる小学校は映画と現実全く同じ!そしてモデルになった「歯医者」の外観もそっくりでした!街並みを比べてみると面白いですよ!

 


スポンサードリンク


 

映画『ペンギンハイウェイ』の評価・感想・考察など。

TSURU170321-85 mm-109_TP_V
ここでは、映画『ペンギンハイウェイ』の評価や感想、そして物語に対する考察などをまとめてみました。

 

初日に劇場に見に行きましたけど、原作を読んでいてもすごく楽しめました!特に、ペンギンたちに乗って海に突撃するところなんて、もう大興奮でしたよ!

映画ペンギンハイウェイ評価感想レビュー!面白いけど意味不明?
ここでは、映画の考察をまとめてあります。

ペンギンハイウェイのジャバウォックは何を意味してる?考察してみた!

 

人によって解釈が全然変わってくると思いますが、個人的に思うことをまとめてあります。

 

あと、著者である森見さんのインタビューをまとめたら、意外な「元ネタ」にたどり着いたのでまとめてみました!

ペンギンハイウェイ徹底解説&考察!タイトルやお姉さんの謎【ネタバレあり!】

 

 


スポンサードリンク


 

映画『ペンギンハイウェイ』そのほかの記事

ここでは上にあげた以外の記事を紹介してみます!

この映画、ツイッターなどを見ている「おねショタ映画だった」「最高のおねショタ」だというコメントが多かったんです。どういうことか調べてみたら、なるほどでした。

ペンギンハイウェイは極上のおねショタ映画だった?

 

あと、めちゃくちゃくだらないですが、お姉さんのカップ数を調査してみました・・・。

ペンギンハイウェイ:かわいいお姉さんは何カップ?身長や股下も!

 

映画の中に出てくる”海”の中である町が出てきます。そのモデルとなった場所を調査してみましたよ!

映画ペンギンハイウェイ:お姉さんの海辺の町のモデルは?青白ツートンの街!

 

 

まとめ

matome

このページでは映画『ペンギンハイウェイ』について書いた記事をまとめてみました。

 

原作は、最初、ちょっとだけアオヤマ君の一人しゃべりが長くて、ちょっとだけ退屈だなと思うところもありますが(笑)最後のクライマックスの展開はすごく楽しいです。

 

映画では、最初から最後まで楽しかったですし、クライマックスでは興奮必至!この夏のいい思い出の一ページを飾ってくれる作品になると思いますよ!
というわけで今回はここまで!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


スポンサードリンク