ペンギンハイウェイ

映画ペンギンハイウェイ聖地巡礼(ロケ地)位置関係を地図で解説!

こんにちはうさぎ♪です。

2018年8月17日(金)に公開される映画『ペンギンハイウェイ』

気鋭のアーティスト達が手掛ける、この夏注目のアニメ映画ですが、今から非常に楽しみです。

さて、この映画、「奈良県生駒市」という場所がモデルになっているらしいです。

実際にある場所も多数出てくるので、この映画を見た後、聖地巡礼などをしてみるのも面白そうですね


というわけで今回はこの映画『ペンギンハイウェイ』の聖地(ロケ地)の位置関係を地図で示してみたいと思います!作品鑑賞のおともに、そして聖地巡礼などにお役立てください!

 

この映画の聖地、ロケ地をまとめてみました。

映画『ペンギンハイウェイ』の聖地(ロケ地)モデルの場所は?

 

 

映画『ペンギンハイウェイ』のキャラデザインは誰?道徳の教科書も?

ペンギンハイウェイ:原作小説がつまらない理由。森見ファンには不評?

アニメ映画ペンギンハイウェイ:原作とあらすじ。映像化は困難だった?

 

 

 


スポンサードリンク


 

 

映画『ペンギンハイウェイ』の聖地(ロケ地)位置関係を地図で解説!

rp_a3-1024x6661-1024x66611.jpg

 

では、さっそく位置関係を地図で解説してみようと思いますが、その前にいろいろと「基本情報」を。

 

まずは時代設定がちょっと違います。

 

原作では、著者である森見さんの小学生時代(1989年頃)の「奈良県生駒市」が描かれていますが、映画版では、限りなく現代に近い『奈良県生駒市』が描かれています。

 

なので、当時はなかった鉄道路線などの設定が変わったりしています。

 

とにかく「小説版と映画版とではちょっと違うよ」ということだけ知っていただけるといいと思います。

 

そして、映画、小説共に、「現実の位置関係」ともちょこちょこズレがあります。まあ、全てに忠実にするのも難しいので、これは仕方ないですけどね。
では、さっそく地図にまとめてみましたので、観てください!

 

映画版『ペンギンハイウェイ』位置関係地図

penginhaiweitizu

クリックすると拡大します。
非常に申し訳ありませんが、手書きです(笑)

 

ちなみに、この地図『ペンギンハイウェイ』設定資料集に掲載されていたものを参考ししてあるので、正確なのは間違いありません(笑)ただ、手書きです。

 

この地図が、映画『ペンギンハイウェイ』での位置関係です。

 

海辺のカフェ、歯医者が近くにあり、そこを南に行くとアオヤマ君たちの通う小学校があります。

 

街の中央には盆踊りをする公園があり、その東側に市営のグラウンド、給水塔、お姉さんのマンション、そして「ジャバウォックの森」があります。
「ジャバウォックの森」の北には、バスターミナルがあります。

 

物語は、基本、この小さな範囲で描かれます。

 

 

 

現実の「奈良県生駒市北大和」の位置関係、地図と比較してみよう!

PAK85_lalakakudaikyouOL20140321_TP_V

 

では今度は、実際の「奈良県生駒市北大和」のそれぞれの主要場所の位置関係を見ていきましょう!

 

現在の『奈良県生駒市北大和』周辺概要地図。

pengintizu3

 
また手書きです(笑)

 

こうして見てみると、違いがよくわかりますね。以下にまとめてみたいと思います。

 

 


スポンサードリンク


 

 

1、小学校、北大和グラウンド、そして通学路などの主要な場所を実際と同じ。

 

 

地図を見てみると、ジャバウォックの森から、北大和グラウンド、バスターミナル。

そして通学路のケヤキ並木、カモノハシ公園の元になった「四季の森公園」そして中央公園。

小学校などなど、大まかな位置関係はほとんど同じなんですね。

 

この大枠の中で、細かいマイナーチェンジがされています。

 

 

 

2、歯医者は同じような場所にあるが、名前と見た目が変わっている!

 

実はケヤキ並木の丁字路の近くには、歯医者が実際にあります。ただ、映画版の物とは見た目と名前が違います。

 

実際には「やいり歯科」という歯医者さんがありますが、見た目のインパクトのある「ともだ歯科」に変更したのかなと思われます。

 

tomoda

出典:googlemap

ともだ歯科

 

実際には「ともだ歯科」はもっと南にあります。

 

 

 

3、ケーキ屋さん「ゲベック」も位置がちょっとだけ違う。

 

アオヤマ君が好きなケーキ屋さん『ゲベック』。

gebekku2

出典:https://nara.mypl.net/shop/00000347752/

 

こちらも「小学校の帰りの寄り道して」という物語上の都合から、場所が移動されているみたいですね。

 

 

 

4、「海辺のカフェ」はそこには存在せず。

 

残念ながら映画の中で一番「行ってみたい」場所である「海辺のカフェ」は、実際には存在していません。

 

一応、四季の森公園の近くに「サンマルク」というベーカリーカフェがあり、これが元になっているのでは?とも言われていますが、外観も内装も違いますし、ちょっと「聖地」という雰囲気でもないですからね。

 

サンマルク

sannmauru

 

 

 

 

 

5、ショッピングセンターは、一応あるみたい・・・。

 

映画にも出てくると思われますが、アオヤマ君たちが週末買い物に行く「ショッピングセンター」。

 

原作では、食品からいろいろとあり、映画館まで併設している、「郊外型のショッピングモール」がある設定になっています。

 

 

実際には、「スーパーセンターオークワ」というスーパーはあるみたいですが、「ショッピングモール」とは程遠いものみたいです。このスーパーをモデルにしたかどうかはわかりませんが、位置的には合っていますね。

 

オークワ

o-kuwa

出典:googlemap

 

6、空き地もある!

映画や原作にて、はじめて「ペンギン」が発見される場所、歯医者の隣の「空き地」ですが、実際には、「北大和第二公園」というグラウンドが存在していました。

 

このグラウンドがいつできたかどうかはわかりませんが、もしかしたら昔はただの空き地だったのかも知れませんね。

 

 

7、「けいはんな線」は、当時は存在しなかった!

実はこの物語の原作では、現在ある「けいはんな線」は存在していませんでした。

原作内で、「新しい駅ができたら、お姉さんの地元である「海辺の街」に簡単に行けるようになる」とうい描写がありましたが、当時は「けいはんな線」はないので、南の「近鉄奈良線」の駅へ、バスに乗って行き、そこから電車に乗っていました。

 

まとめ

matome
まだまだ、気づいたことがあったら追記していくつもりですが、公開が楽しみですね。

 

ここまでいろいろと調べると、誰よりも公開が楽しみになってきますね。

というわけで今回はここまで!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

『ペンギンハイウェイ』声優キャスト一覧!タレント声優は不評?

 


スポンサードリンク