ペンギンハイウェイ

映画ペンギンハイウェイ評価感想レビュー!面白いけど意味不明?

こんにちはうさぎ♪です。

2018年8月17日(金)に公開の映画『ペンギン・ハイウェイ』

 

原作は『夜は短し歩けよ乙女』の森見登美彦さん、アニメーションを手がけるのは、監督石田祐康さんの率いる、スタジオコロリド。

主題歌に宇多田ヒカルさんで、声優には蒼井優、西島秀俊、竹中直人などなど、この夏注目のSFファンタジー映画です。

さて、今回はこの映画の「評価・感想」をまとめてみました。

 
また「子供連れで見に行っても大丈夫?」や「カップルでは」と考えている人に対しても、解説してみようと思います。

 

 

この映画の基本情報などはこちらです!

『ペンギンハイウェイ』声優キャスト一覧!タレント声優は不評?

ペンギンハイウェイ:原作小説がつまらない理由。森見ファンには不評?

アニメ映画ペンギンハイウェイ:原作とあらすじ。映像化は困難だった?

 

 

映画『ペンギン・ハイウェイ』の評価感想まとめ!

 

pengin3

出典:http://penguin-highway.com/

では早速、評価・感想を並べてみます。

 

「忘れてしまっていた、子供の頃の感性というか。全てを思い出して何か自分の中の何かを変えてくれた。そんな映画でした。」

「ペンギンハイウェイ凄く面白かった。久々にいい映画観た感。完全燃焼した感。」

「ペンギンハイウェイ見てきた。予告すら見たことなかったけど予想外のおねショタ展開で心が癒された。」

「ペンギンハイウェイ見た。おおむね原作通り。余韻がすばらしい
それとキャラデザがかわいい。」

「蒼井優さんは声優としては微妙なのでは……?
と思っていた私を殴ってやりたいほどペンギンハイウェイでの演技っぴりが素敵でしたよ!」

 

簡単に評価・評判をまとめてみましたが、概ね高い評価が並んでいますね。

以下に、評価の特徴などを一つ一つまとめてみたいと思います。

 

 

映画『ペンギン・ハイウェイ』評価と感想大まかにまとめると。

 
評価や感想を大まかにまとめてみると以下の通り!

 

 

「おねショタ」という感想多し!

 

「おねショタ」つまり、お姉さんと少年の組み合わせのことですが、そう言ったものが好きな人にとっては非常に高評価でした。

 

「ペンギン・ハイウェイ見て来ました!おねショタっていいですね(しみじみ)」

「ペンギン・ハイウェイを観たぞ。おねショタだ。最高だ。」

「『ペンギン・ハイウェイ』絶対に大ヒットしないんですけど、この世で最高のおねショタムービーなので大丈夫です!!

「ペンギンハイウェイ、おねショタ好きなら絶対見たほうがいいよ

絶賛です。筆者もみましたけど、そういったものが好きな人に向けての映画なのか?と勘違いしてしまうほどに、「おねショタ」要素が強かったと。まあでも、そもそもそういうお話だもんな、原作も。

 

 

 

「おっぱい」連呼してていい!

 

「おねショタ」要素満載!かと思ったら、今度は「おっぱい」が前面に押し出されていたという評価が

 

「ペンギンハイウェイ見てきた!ネタバレ控えて感想いうと、おっぱい

「思ったよりおっぱいを前面に出した映画でしたねw」

「ペンギンハイウェイ、一言で言うとおっぱい

「ペンギンハイウェイ来週見る予定なのに感想おっぱいばっかで内容わからん

 

主人公のアオヤマ君は、お姉さんの「おっぱい」ばっかり見ていますが、映画もとにかく「おっぱい」にどんどんフォーカスしたような場面が多いので、本当にとにかく「おっぱい」な映画です(笑)

 

なのに、最終的に泣けるんだから、映画ってすごいなあって思います。

 

ちなみに、非常にくだらないですが、お姉さんの「おっぱい」について考察してみました・・。

ペンギンハイウェイ:かわいいお姉さんは何カップ?身長や股下も!

 

 

 

キャラクターがかわいい!

 

出てくるキャラクターが全部「かわいい!」と評価されています。この作品のキャラクターデザインは、新井陽次郎さんですが、かなり評価が高いですね♪

作画めちゃいいし、ロリ可愛いしお姉さんかわいいし、ショタ可愛いし、最高だった。」

「ペンギンハイウェイのペンギンまじかわいい。」

「きれいな映像、かわいいキャラ、美しい風景に音楽。これだけ見せられたら、一体だれがこの原作者の名前を言い当てられるでしょう。そう、あの森見登美彦氏なのです。」

ウチダくんがかわいい

「とにかくアオヤマ君がかわいい。そして、純粋になる。」

「お姉さんかわいい、ハマモトさんかわいい、ウチダくんかわいい」

主人公のアオヤマ君も、友達のウチダ君も、研究仲間で女の子のはハマモトさんも、みんな可愛いと評判です。ペンギンはもちろんですが、どのキャラクターもとってもかわいいんですよね♪

 

見ていてとってもほっこりできますね。

 

 

 

声優キャストも高評価!

 

この作品、有名な声優さんも参加されていますが、普段は評判の悪い「タレントさん」を声に起用しています。評価はどうだったんでしょうか・・・。

 

 

「ペンギンハイウェイ、釘宮理恵の声が聞こえて、え、ま?って思ったけど、まじだったよ最高か」

「とりあえず北香那ちゃんのアオヤマくん、いい。声好きだわー。」

蒼井優さんの声、マッチしてる

「ただ、お姉さんの声はやっぱり蒼井優じゃない…」

声の出演の方々も、皆良かった。

「視聴前は どうせ使ってる芸能人の声が浮いて集中できんのやろなと・・・
そんなことありません どこぞのスタジオの芸能人起用とは打って変わってのうまさ え?マジで?と思ったくらいだぞ!ペンギンハイウェイやぞ!」

「主人公の友達のウチダ君の声が釘宮さんなんですよ!釘宮さんなんですよ!くぎゅのショタボイス久々に聞きましたけど、相変わらず最高です。」

西島秀俊の声との相乗効果で、アオヤマ父のただ者ではない感が半端ない。」

声もみんなぴったりだった!これ大事だよね!!」

 
お姉さんの声を当てている蒼井優さんの評価は多少割れているようですが、その他は殆どが高評価。西島秀俊さんの使い方が、めちゃくちゃ贅沢だなと思いました。

 

それにしても、やっぱり本職の声優さんはすごいなあと関心もした映画でしたね。でも、全員良かったです。

アニメ映画『ペンギンハイウェイ』ハマモトさん役の声優は誰?

 

 

 

理解するのが難しい

 

かなり好評価が多いのですが、見ていても「スッキリ!」するような内容でなく、かなりたくさんの謎を残して終わる映画なので、「難しい」「子供に理解できたのかな?」「さっぱりわからんかった」という評価も目立ちました。

 

「ペンギンハイウェイ、思ったより難しい話でびっくりしたけど面白かた。」

「映像化されてもやっぱり森見登美彦の世界観は理解が難しいけれど、だけど僕は、お姉さんのおっぱいから目を離せないのであった。」

「もっとゆるい冒険譚かと思ってたけどなかなか難しい話だった。

「ペンギンが出てくるとはいえ、小さいお子様には難しいお話。中高生から大人向けかな。」

「ストーリーはやっぱりちょっと小さい子には難しいですね。」

 

内容的には確かに難解ですし、大人でも正直納得できるか難しいところもありました。

ただ、ペンギンが可愛かったり、登場人物たちのやり取りが楽しかったりで、小さい子供でも十分楽しめる内容だとは思いました。

 

いやでも、ちょっとむずかしいかもな・・・。

 

 

 

全体的な評価をまとめてみると!

 

MBPR_9V9A8309_TP_V

 

評価をざっと眺めてみましたが、全体的に良い評価がほとんど。

悪い評価をする人は、「何がなんだかわからなかった」「難しい」「理解できない!」という「どういうお話なのかわからなくて楽しめなかった」という感想の人が多い印象です。

 

お話があまりわからなくても、キャラクターが可愛いとか、ペンギンが可愛いとか、お姉さんが素敵だとか、少年時代を思い出すとか、映像が綺麗だとか、そういうところでも十分楽しめる内容だと評価しているみたい。

 

声優さんの評価も高いですし、監督の初の長編作品としては、かなりいい出だしなのではないでしょうか?

 

ただ、ツイッターでの感想に「おっぱい」「おねショタ」という単語が並びすぎているのが気になりましたが・・・。まあ、そういう映画なんですけどね・・・。

 

 

映画『ペンギン・ハイウェイ』筆者も見てみた感想!

 

hartIMGL0489_TP_V
筆者も実際に見てきました!初日に!

 

映画館には、やはり結構子供連れの方がいらっしゃいました。

小さい子、小学生くらいのお子さんを連れた親子。成人男性や女性がちらほら。全体的に若めな年齢層でした。
さて、映画の内容ですが、とにかく映像が綺麗!最近のアニメ映画というものは、背景がすっごくきれいで、それだけでも見ていて惚れ惚れするほど。特に「夜」のシーンが美しくて、これは映画館でないともったいない映像だなあと感じました。
でもって、やはりみなさんがおっしゃる通り、お姉さんがとっても魅力的。アオヤマ君が夢中になるのも無理ありませんね。

 

そして、予想以上に「おっぱい」推しの内容に、ちょっとびっくりしました。本当に前編「おっぱい」が惜しげもなくフィーチャーされているんですよ!
声優さんたちに関しては、すごくマッチしていた印象でした。蒼井優さんもバッチリハマっていましたし、アオヤマ君の声を担当した北香那さんもすごく上手だったと思います。

 

この作品が「声優デビュー」だとは思えないほどマッチしてました。

 

あと、アオヤマ君のお父さんの声を担当しているのは、俳優の西島秀俊さん。そんなに出番は多くないですが、重要なシーンを担当していて、すごくいい役でした。ただ、お父さん役に西島さんは、かなり贅沢だなあと感じましたね。
原作を読んでからの視聴でしたが、この作品は原作や、ある程度の予備知識があったほうが楽しめる作品かもしれません。

 

アオヤマくんにとってのお姉さんがどんな存在なのか、ある程度掴んでから見たほうが、映画を楽しめるのかもしれないなあと思いました。

 

逆に、映画用に短縮している部分もあるので、これだけできちんと理解しようとすると、「難しい」と感じてしまう人がいることは結構納得できますね。

 

予告で多様されている、お姉さんとアオヤマ君がペンギンに乗って飛ぶところ!かなりすごい映像でしたし、すごい爽快感でした!すごく気持ちよかったのですが、案外短くて残念。長時間並んで乗ったアトラクションが5分で終わった、みたいな印象でした。満足度は高かったんですけどね。

 

ただ、予告編が良すぎるというのも、ちょっと考えものですね(笑)
個人的には、大満足の内容でした。

 

すべてを理解することは難しいけれど、最後に「お姉さん」がずっと心に残って離れない、そんな映画でした。時間をおいてから、もう一度細かいところまで見たい作品ですね。
ハマモトさんも、可愛かったなあ・・。

 

 

 

映画『ペンギン・ハイウェイ』子供連れで見に行っても大丈夫?

 

YUKI86_odoroitahyoujyou15112844_TP_V

 

さて、この映画、明らかに「子供向け」に見える作品ですが、もちろん子供さんが見ても楽しめる作品だと思います。

 

完全に「子供向け」というわけでもなく、ちょっとだけ「不気味な』雰囲気のするシーンもあったり、子供のいじめ描写が案外ハードだったりと、完全に「セーフ」な雰囲気でもありません。
ただ、必要以上にグロテスクな描写はないので、この映画くらいだったら全然問題ないと思います。

 

ペンギンやキャラクターは全部かわいいし、子供たちのやり取りも微笑ましかったり、お姉さんが魅力的だったり、映像はきれいだし、自然もきれいだし、とってもいい映画だと思います。ただ、かなり「おっぱい」がはっきりと意識されているところは注意が必要かも(笑)エロくはありませんけどね♪

 

 

映画『ペンギン・ハイウェイ』カップルでは?

mizuho17810DSC_1004_TP_V
カップルで見る場合、男性が見るには、ちょっとファンタジーすぎる感じがします。お姉さんの「おっぱい」がフィーチャーされているので、男性が見ても非常に楽しめますが(笑)カップルとなるとどうなんでしょうか・・・。

 

こういったアニメ作品が好きな男性だったらいいと思いますが、普段あまりアニメ作品に親しんでいない男性だと、物足りないかもしれません。

 

逆に、女性でしたら、結構皆さん楽しめるのではないでしょうか。キャラクターもかわいいですし、主人公の少年もとてもかわいらしいですし。

 

なので、カップルで見る場合は、男性がこういったアニメ映画が好きかどうかがポイントになりそうですね。

 

 

まとめ

matome

今回は映画『ペンギン・ハイウェイ』の評価・感想をまとめてみました。

 

上映している映画館がちょっと少なめなのが残念ですが、自分の
少年時代を思い出させてくれる、とてもいい作品なので、チャンスがあったら見てみてくださいな。おすすめです♪

 

 

この映画の舞台は、原作の著者森見さんが少年時代に育った「奈良県生駒市」が舞台になっています。

現地の情報と共に、映画に実際に出てくる「ロケ地」「聖地」になっているところをいろいろとまとめてみましたので、ご興味のある方はどうぞ!

映画『ペンギンハイウェイ』の聖地(ロケ地)モデルの場所は?

映画ペンギンハイウェイ聖地巡礼(ロケ地)位置関係を地図で解説!

 

 
というわけで今回はここまで!
最後までお読みいただきありがとうございました。