2018夏ドラマ

『探偵が早すぎる』第5話評価評判・感想ネタバレ。桐山漣が壊れた?

こんにちはうさぎ♪です。

 

2018年8月16日に放送されたドラマ『探偵が早すぎる』の5話の感想、評価評判・簡単なネタバレをまとめてみました。

探偵が早すぎる』視聴率、評価感想。原作と違うけど面白い?

 


スポンサードリンク


 

 

ドラマ『探偵が早すぎる』第5話のあらすじ。

 

tanteiga 5

出典:http://www.ytv.co.jp/tantei/story/

 

まずはドラマ『探偵が早すぎる』第5話のあらすじから!

 

大陀羅朱鳥(片平なぎさ)の息子・壬流古(桐山漣)が、トンネルで出会ったのは養護施設を抜け出してきた兄弟・透と乃亜だった。不敵に微笑み、「ゲームやらない?」と子どもたちに声をかける壬流古。

一方、未夏(南乃彩希)と律音(水島麻理奈)から、夏祭りに一緒に行けなくなったと言われる一華(広瀬アリス)。

「城之内くん(佐藤寛太)と二人きりなんてムリ!何話せばいいのよ!?」と、動揺が隠せない。

そんな一華に対し、千曲川(滝藤賢一)は「そんなに二人きりが嫌なら、私が……」としゃしゃり出てくる。

「お断り!絶対にお断り! 付いて来ないでよ!」「なんだ、やっぱり二人きりで嬉しいんだな」「違います!あなたが嫌なの」と、一華は千曲川を突き放す。

が、千曲川から、夏祭りは命を狙うには絶好の機会だと聞かされ、5メートル以内には近寄らないという約束で手を打つことに。
夏祭り当日。一華は、初めは緊張していたものの、城之内と二人で楽しく出店を見て回る。

千曲川も一華と一定の距離を保ちながら、ヨーヨー釣りに射的に、イカ焼きに、夏祭りを満喫していた。

一方、出店には橋田(水野美紀)の姿もあり、完璧なまでのたこ焼きを作り上げていた。

橋田は、一華と一緒にいる城之内に声を掛け、「ご出身は? お父様は何のお仕事を?お母様は?ご兄弟は?」などと質問攻めにする。そんな橋田に一華は「ちょっと!止めてよ!」と、困惑で……。
その頃、壬流古は子どもたちにゲームの説明をしていた

。「この玩具のナイフでお姉ちゃんの胸を突き刺して、びっくりさせてくれたらクリアだ」と言って、透にナイフを手渡す壬流古。
一華と城之内が歩いていると、足を痛めた幼い乃亜の姿を見つける。駆け寄り、手当てをしてあげる一華。

城之内は、乃亜に綿菓子を買ってあげた。

少女と別れると、ベンチに座って、綿菓子を食べることにした一華と城之内。

「ついてるよ……鼻の頭に」と、城之内は一華の鼻についた綿菓子を当然のように取って食べた。

「どどど、ど、どうも……」このとき一華のドキドキは最高潮!が、二人の背後からヌッと現れる千曲川。

「さっきのあれは、どうかと思うね。子供に施しを与えるのはよくない。まぁ、女性の前でかっこつけたい男心は分からないでもないが……」と小言を言ってくる。

「ちょっと、いい加減にしてよ!なんなのよ一体!近い!離れて!」と一華は憤り、千曲川を追い払った。
一方、壬流古と麻百合(結城モエ)は、一華と刺客である子どもたちを監視していた。
その頃、バイト先からの電話で、急遽呼び出されてしまった城之内。

「ごめん、一人になっちゃうけど……」「ううん、十分楽しかったし。

私もそろそろ帰ろうかな」と、一華。「そっか……俺も楽しかったよ……またね」「うん、またね!」一華は、少し寂しげに城之内を見送った。

一人きりになった一華。
壬流古は、子どもたちに指示を出す。

子どもたちは、一華が一人になったこの瞬間を狙って、心臓を一刺し……!!

そんな様子を見ていた壬流古のもとへやってきたのは…またしても探偵の千曲川だった。
だが、壬流古は第2ステージも用意周到に準備していた。それは、子どもたちも犠牲にした恐ろしい計画だった――。
はたして、千曲川は一華と子どもたちの命を救うことができるのか――!?
出典:http://www.ytv.co.jp/tantei/story/

今度は大陀羅壬流古の出番ですが、施設から逃げ出してきた子供たちを利用するという卑劣な手段に!これコメディだからいいですけど、子供たちの貧しさにつけこんだ悪行ということで、めちゃくちゃ胸糞悪いですね。

 

さて、千曲川はどのように「未然に」この犯罪を防いでくれるんでしょうか?

 

 


スポンサードリンク


 

ドラマ『探偵が早すぎる』第5話の超簡単なネタバレ!

 

rp_a3-1024x6661-1024x666111-1024x666.jpg
子供たちは、壬流古に渡された一華へのプレゼントを持っていきますが、実は遠隔操作のできる爆弾でした。壬流古は、顔を見られた子供たちもろとも、爆破してしまおうと考えたみたいです。

 

しかし、やっぱり千曲川、子供たちが一華の元に向かう途中に爆弾をすり替えていました。

 

千曲川は、すり替えて持っていた爆弾をミルコに仕掛け、爆破!と思いきや、爆破させたのは爆弾ではなく、祭りのために用意されていた大量の”花火”でした。

 

ただ、花火と言えど、ダメージを免れなかった壬流古でした。
一件落着し、一華は、施設を抜け出した子供たちに注意します。絶対逃げ出したらだめだと。

 

それを見ていた千曲川、自分が射的でゲットしたゲーム機を子供たちにプレゼントするのでした。それを見た一華は、改めて千曲川に「ありがとう」と感謝するのでした。

 

 

 

ドラマ『探偵が早すぎる』第5話の評価・感想!

 

hartIMGL0487_TP_V4

 

では、評価評判・感想をまとめてみたいと思います。

 

「桐山漣の演技がウォーキングデッドのニーガンを思い出させる。」

「滝藤さんとアリスちゃんの壊れっぷりは1話目からやばかったけど回を追うごとにほかの方々も壊れてきてる。5話の桐山さんやばかったww」

「地味に彼のキャラが好きだったのでついにか!と思ってたんだけどやり方がいかんせん外道オブ外道……観てる間「クズ〜!」ってめっちゃ言ってしまった笑

「前回も思ったんだけれど、この作品、徐々にコメディというオブラートにくるんだとんでもない内容(誉め言葉)になっていっているな。」

「「探偵が早すぎる」5話(?)の兄妹役の子役のコらがかわいすぎたあああ

「探偵が早すぎる 第5話:桐山漣くんが出演するとのことで、このドラマを見始めたのだけれど。
その漣くんが演じる壬流古が、今回壊れた。面白いくらいに。自爆しちゃってたし。

「探偵が早すぎる5話、桐山漣さんがいつも以上に楽しそうに演技して滝藤さんとぶつかっててめちゃくちゃ面白かったです

「『探偵が早すぎる』5話感想 小ネタばっかりだったが、すごい面白かった!

今回の目玉はやはり桐山漣さん演じる大陀羅壬流古(ミルコと読みます・・)の出番ですが、今まで抑えていた彼の狂気が、第5話で噴出しましたね(笑)

 

まあ結局、犯行は阻止されてしまうわけですが、やることがゲスな癖に、犯行が計画が本当にずさんなんですよね(笑)

 

大陀羅一族は、本当に一華を殺す気があるんでしょうかと疑いたくなりますね。

 

後は、子役を務めた二人がかわいい!と高評価でした。

 

最近演技のできる子役の子が増えたなあと感じますが、いい傾向ですよね。

 

 


スポンサードリンク


 

 

ドラマ『探偵が早すぎる』第5話の感想!

kansou

筆者も実際に見てみました!

 

滝藤さんも広瀬アリスさんも水野美紀さんも相変わらずアクの強い演技で魅了してくれました。このドラマの広瀬アリスさんを見て入りと、なんだかスカッとするんですよね(笑)

 

「なんじゃこりゃー!!」ってセリフで笑いました。

 

冒頭にも書いたのですが、犯行がめちゃくちゃゲスですよね。施設から逃げた子供を使うなんて・・。これコメディドラマじゃなかったらどえらい話ですが、ない話でもないんだよなと思ったら、なんだか考えさせられますね。

 

桐山漣さん、せっかく動き出したのに、さっそく大けがをして、次回は出てくるかどうかわかりませんが、またサイボーグみたいになって出てきてほしいものですね。最先端の医療の力を借りて(笑)

 

 

ドラマ『探偵が早すぎる』第6話のあらすじは?

tanteiga6

出典:http://www.ytv.co.jp/tantei/story/

 

次回第6話のあらすじをまとめてみました!

 

一華(広瀬アリス)が城之内(佐藤寛太)と夏祭りデートを楽しんでいた間にも、探偵・千曲川(滝藤賢一)は大陀羅一族が仕掛けてきた暗殺計画を未然に阻止していた。
が、千曲川が朱鳥(片平なぎさ)の息子である壬流古(桐山漣)に重傷を負わせたことで、朱鳥は大激怒!千曲川を先に始末するようにと、麻百合(結城モエ)に命令を出す。
捕らえられ、血まみれの状態で監禁されてしまった千曲川……!!
一方、亜謄蛇(神保悟志)はプロの刺客を雇い、一華に襲い掛かる……!!
千曲川不在の中、朱鳥と亜謄蛇が同時に、命を狙ってくることに――。
果たして一華は身を守れるのか――!?そして、千曲川の運命やいかに――!!
出典:http://www.ytv.co.jp/tantei/story/

今度はなんと、千曲川がとらわれてしまうという展開に!ということは、もしかしたら水野美紀さんが立ち上がるのだろうか・・。次回も楽しみですね。

 

まとめ

matome

今回はドラマ『探偵が早すぎる』の第5話の評価評判、ネタバレから感想までまとめてみました。

 

相変わらずのテンション高い演技が楽しめる良作なので、これからも楽しみにしたいと思います。
というわけで今回はここまで!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 


スポンサードリンク