映画

『今夜ロマンス劇場で』がカイロの紫のバラに似てる?パクリじゃないけど・・。

こんにちはうさぎ♪です。

2018年2月10日(土)に公開される映画『今夜、ロマンス劇場で』

綾瀬はるかさん、坂口健太郎さん主演の、ロマンチックなラブコメディ映画です。

監督には『のだめカンタービレ』『テルマエロマエ』などで知られる武内英樹監督。

今、着々と実力をつけつつある綾瀬はるかさん主演の映画ということで公開前からかなり注目もされていますし、宣伝もかなり気合が入っている雰囲気ですね。

さて今回は、この映画『今夜ロマンス劇場で』なのですが、お話が過去にあった映画に似ているらしいのですが、いったいどういうことなんでしょうか?


スポンサードリンク


 

 

 

映画『今夜、ロマンス劇場で』のあらすじは?

 

ronamsugekijyou

では、まずはこの映画『今夜ロマンス劇場で』のあらすじを見てみましょう!

 

映画監督を夢見る青年・健司(坂口健太郎)が密かに想いを寄せるのは、通いなれた映画館・ロマンス劇場の映写室で見つけた古いモノクロ映画のお姫様・美雪(綾瀬はるか)。今は誰も見なくなったその映画を、毎日のように繰り返し見ていた健司の前に、ある日奇跡が起きる。
美雪が健司の目の前に突如現れたのだ。その日から2人の不思議な同居生活が始まった。
出典:http://wwws.warnerbros.co.jp/romance-gekijo/about/story.html

繰り返し見ていた映画の主人公が画面から出てきて、ってものすごーくロマンティックな設定ですね。
しかし、映画の予告を見る限り坂口健太郎さん演じる健司、映画の主人公にあこがれる少年には見えないのですが、いくつくらいの設定なんでしょうか?

青年って書いてあるから、それなりの年齢なんでしょうけど・・。まあ、見てみたら納得できるんでしょうね!


スポンサードリンク


 

よく出てくる『カイロの紫のバラ』って何?

 

YUKA20160818230216_TP_V

ツイッターや、グーグルでこの映画のことを調べていると、ちょくちょく出てくる名前があります。それが『カイロの紫のバラ』というもの。
これって何の名前なんでしょうか?

 

「今夜、ロマンス劇場でのCM見てたら、カイロの紫のバラを見たくなった。」

「ところで、今夜ロマンス劇場でって映画、カイロの紫のバラが元ネタなのかなあ。」

「今夜ロマンス劇場でってカイロの紫のバラにめちゃ似てる気がする。。。」

「カイロの紫のバラ、というウディ・アレン監督の映画を思い出しました。見に行きたいな。 」

「綾瀬はるか主演の新作映画、「全く新しいロマンティックコメディー!」と謳っているけど、これカイロの紫のバラじゃ…」

どうやら、ウディ・アレン監督の作品に『カイロの紫のバラ』という作品があるらしく、それがこの『今夜、ロマンス劇場で』に似ている、ということらしいのですが・・・。

 

 

映画『カイロの紫のバラ』ってどんな作品?

o0347022412289932527

 

ではこの映画『カイロの紫のバラ』はどんな作品なんでしょうか?

 

 

舞台は1930年代のニュージャージー州。妻のセシリア(ミア・ファロー)はウェイトレスをして、失業中の夫モンク(ダニー・アイエロ)との生活を支えている。惨めな生活とモンクとの愛のない結婚から逃れるため、セシリアは映画館に通っているのだが、今上映されている「カイロの紫のバラ」という映画に彼女は夢中になっているのだった。「カイロの紫のバラ」の登場人物トムと、トム役を演じる俳優のギルの二役をジェフ・ダニエルズが演じている。トムは第四の壁を破り、白黒のスクリーンからカラフルな現実の世界へ現れる。
出典:ウィキペディア

この映画は、失業中の夫を支えるためにウェイトレスをしながら生計を立てて暮らしている女性「セシリアが主役。セシリアはその過酷な生活から逃避するために映画館に通っていますが、その映画の登場人物が現実に現れる、というお話みたいです。

 

男女の違いはありますが、

 

・夢中になっている白黒の映画から、主人公がカラフルな現代に飛び出してくる。

 

という設定は全く同じですね。

 

ただ、映画の中の登場人物と、その登場人物を演じた俳優と、セシリアとの三角関係を描いているとあるので、『今夜、ロマンス劇場で』のような、ロマンチックはお話というよりは、もうちょっとシリアスで、考えさせられるような映画になっているみたいですね。

 

物語の着想は一緒かも知れませんが、内容は全く別のものになっているみたいですね。

 

映画『カイロの紫のバラ』の評価は?

rp_yuka0I9A1561_8_TP_V-1024x644.jpg

 

さてこの映画『カイロの紫のバラ』ですが、どんな評価を受けているんでしょうか。

 

Yahoo!映画でのレビューでは、星4.05点とかなりの高い評価!

 

決して「ハッピーエンド」とうい映画ではないみたいですが、それでも見た人の心に何かを残す、印象的な作品みたいです。

 

 

「舞台設定が30年代アメリカなのも味わい深く、ヒロインが現実(カラー)とフィルム(モノクロ) の世界を自由に行き来する演出がとてもドラマチックで素晴らしかったです。」

「空想と現実の境界が曖昧な子供。」

「映画を愛する一人の女性に起こった奇跡を小粋なロマンティックコメディに作り上げたウッディアレンの監督、脚本家としての技量に改めて感嘆しました。」

「昔 少年ジャンプで ビデオガールという、テレビから女の子が出てくるという設定の漫画があったが、これは映画から男が出てくるので ムービーボーイだ」

この映画では、働かない夫を、過酷な労働で支え続ける、映画以外に逃げ場のない女性が映画にのめり込んでしまうという現実感がありましたが、『今夜、ロマンス劇場で』での坂口健太郎さんは、どんな理由で映画にのめり込んでいくんでしょうか・・・。

いい歳の青年が映画監督になりたいからって昔の映画の女性にほれ込んで・・なんて、完全なオタクだと思うんですが・・きっとそれも見ればわかるんだろうな!

 

 

ある意味これって「電影少女?」

dennei

映画『カイロの紫のバラ』にも似ているといわれていますが、画面から可愛い女子が出てきて、奇妙な共同生活が始まるっていう設定、どこかで聞いたことがあるような・・・と思っていたら、ありました。

 

現在テレビ東京で放送中のドラマ『電影少女』もちょっと似ているなあと(笑)

 

こちらのドラマも、昔のビデオから女の子が出てきて、主人公の恋を応援しているうちに、だんだんとお互いにひかれあってしまう、というお話ですが、まあ、似ているのは「画面からかわいい女の子が出てくる」というところだけですね・・。

 

 

まとめ

PAK58_mihirakitecyoutopen_TP_V

今回は映画『今夜、ロマンス劇場で』と『カイロの紫のバラ』とが似ているというところを詳しく見てみました。確かに映画の着想というか、モデルにしている部分はあるんだろうなと感じましたが、それを現代版に、そしてロマンティックに、よりエンターテイメントに仕上げたのが今作なのかなと感じました。

 

あとは、主演の坂口健太郎さんが演じる「健司」が、どんなふうなリアリティーで画面から出てきたお姫様と恋をしていくのか、そのあたりがすごく興味深いです。

 

ちょっと、見に行ってみようかな・・・。気になるし・・・。


スポンサードリンク