映画

映画音量を上げろタコ!評価感想まとめ!曲はいいけどつまらない人も?

うさぎ♪

こんにちはうさぎ♪です。

2018年10月12日(金)に公開された

映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ』

が公開されました。

吉岡里帆さん、阿部サダヲさん主演の「ハイテンション・ロック・コメディ」映画ですが、公開されどのように評価されているんでしょうか?

今回は映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ』の評価・感想をまとめてみたいと思います。


スポンサードリンク

映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ』あらすじは?

まずは映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ』の簡単なあらすじから!

驚異の歌声を持つロックスター、シン(阿部サダヲ)。その存在自体がロックであり、カリスマ的な人気を誇っているが、実は彼には秘密があった。

彼の歌声は「声帯ドーピング」というオキテ破りの方法によって作られたものだったのだ。

長年にわたる声帯ドーピングの副作用で、限界が近づく喉に焦りと恐怖を抱える彼が出会ったのは、異様に声の小さいストリートミュージシャン、ふうか(吉岡里帆)だった。

2つの歌声が出会ったとき、世界を変えるほどの奇跡が起きる!?

出典:https://hlo.tohotheater.jp/net/movie/TNPI3060J01.do?sakuhin_cd=016045

 

声が小さい明日葉ふうか(吉岡里帆)と、”声帯ドーピング”という方法で作られたロックスター「シン」との出会いによって生まれる物語です。

監督は『インスタント沼』『イン・ザ・プール』『転々』など、かなり「アク」の強い作品を撮り続けている

映画監督三木聡さん。

出演しているキャストは・・・。

阿部サダヲ、吉岡里帆、千葉雄大、麻生久美子、小峠英二(バイきんぐ)、片山友希、中村優子、池津祥子、森下能幸、岩松了、ふせえり、田中哲司、松尾スズキ

などなど。

他にも、現役のミュージシャンの方も出演してます。

「音量を上げろタコ」ふうか(吉岡里帆)の歌う挿入歌の作曲は誰?


スポンサードリンク


映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ』レビューサイトの星は?

映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ』のそれぞれの評価・感想をまとめる前に、それぞれの映画レビューサイトの「星のかず」を見てみましょう。参考になるはず!

・映画.com 星3.5
・Yahoo!映画 星2.76
・Filmarks 星3.3

こうして並べてみると、どうやら「大絶賛!」とか「誰もが認める名作!」という雰囲気ではなさそう。

星の数だけ見ると、どうやら

「好みが分かれそうな」予感

ですね。

 

映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ』評価感想まとめ!

というわけで本題。映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ』の評価感想をまとめてみました。

「音量を上げろタコ!を観てきました。ある意味ワンランク上の映画でした。一般人の私には評価するのが難しい。だけど凄く面白い作品でした(笑)」

「無理って決めつけずやってみるっていうのを思い出さされる映画だったなあ。映画見るの本当にええなあ。
吉岡里帆さんがとりあえず可愛かったし歌が上手い!

「どうやら好き嫌いがハッキリ別れる作品!個人的には大好きです!

「訳わかんないけど、訳わからんくもないぞ。でも、やっぱわけわからんけどジワジワくるわ。という不思議な映画です。」

「期待通り面白かった。あいみょん作の曲、歌う吉岡里帆も可愛いすぎた。サダヲさんとのコンビもベスト。」

一つ一つかいつまんで見ていきましょう。

 

映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ』評価・感想:面白かった!

とりあえず、この映画を楽しんで方々のコメントを集めてみたいと思います。

「俳優陣、特に主演の阿部サダヲと吉岡里帆のコメディへの相性が最高でした」

「根底にあるテーマも、ナンセンスに巻き起こるコメディーも良い!適当っぽいのに本気の創りが素敵!

「 観てよかった。激しいけどしんみりもあった。小道具もたくさん出てくるのでストーリー追いながらスクリーン全体も見渡すので1回観るだけでは足りない。

この

監督”独特の世界観”にノレたかどうか

が、この映画を楽しむカギになりそうです。

「終始監督独特のギャグと演出がマシマシなので好みが分かれると思います。」

奇想天外なキャラばかり登場します。質より量を求める人にオススメです。」

「まさに三木ワールド、な映画だった。クスッと笑える不思議キャラばかりで楽しかった。

脇役が脇でないのが三木作品ならでは。個人的にはふせえり演じるデビルおばさんが最高。夫のザッパおじさんがボソッと言う小ネタで肩を震わせた。」

三木聡監督の作品は「インスタント沼」を見たときもそうですが、見ている人を”完全に置いていくスタイル”。

なのdえ「謎なもの」についていきたい人にとっては楽しい作品ですが、そうでない人にとっては退屈なのかもしれませんね。

どちらにせよ

「好みが”激しく”わかれる」作品

であることに間違いはなさそうです。


スポンサードリンク


映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ』評価・感想:まさかの感動?

こんなにハイテンションで「わけのわからない」作品なのに、なかには「感動した」というコメントも少なくありません。

「独特な世界観になかなか慣れんかったけど、グイグイ引き込まれて、何故か最後はほんのり感動してた
ホンマ、不思議な映画やったなぁ」

感動!阿部サダヲのシンもカリスマ性とその裏の顔も最高だったけど作品の中でピカイチだったのは千葉雄大では?」

「阿部さんと里帆ちゃんのやり取りは良かったし、後半泣くほどではないかもしれないけど、感動した。

結構「感動した」という評価は多いので、ハマれた人は感動できたみたいですね。

 

映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ』評価・感想:曲がよかった!

この映画、音楽がテーマですが、出演しているアーティストそして楽曲を提供しているアーティストもかなり「豪華」なメンツがそろっているので、主題歌も挿入歌も、いい曲ばっかり並んでます。

映画『音量を上げろタコ』主題歌の作曲は誰?出演ミュージシャンは?

やはり実力のある人が作ってるので、曲の評判はすごくいいですね。

吉岡里帆と阿部サダヲの歌声すごく良きでした。あいみょん楽曲提供の「体の芯からまだ燃えているんだ」もすごく良きでした。」

なにより劇中曲がとてもいい。人類滅亡の歓び好きだし、体の芯からまだ燃えているんだはシンとふうかで歌っている方がやっぱり好きだな。」

「映画を観たら主題歌の良さにやられる事受けあい!阿部さん里帆ほちゃんのDUETにやられますので!」

映画のサントラCD買うのって久しぶり!「サマーウォーズ」以来かしらん。いい歌いっぱいだったよ〜!」

もう活動していませんが元チャットモンチーの橋本絵莉子さんの作った挿入歌が好きです。ふうかが歌ってますよね。

 

映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ』評価・感想:ダメだった。

そして最後に、最後まで見たけど結局「何が面白いのかわからなかった」という残念な方々のコメントを・・。

「『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』個人的に全く合いませんでした。物語の最初から最後まで面白いところはなく、つまらなかったです。

「すまん、どこが面白いのかわからねぇんだよ!!

「「主題がよくわからなかった。ロックな雰囲気はいいんだけど何が言いたいのかよくわからなかった。」

「音量を上げろタコは正直言って面白くなかったーよく寝た」

やはり好みが分かれてしまうのか、楽しめなかった人は徹底的に楽しめなかったみたいで・・・。

映画はお金を払ってみるものなので、その分ダメージもでかいですが、それが映画のだいご味でもありますよね・・・。


スポンサードリンク


映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』はこんな人におすすめ!

どうやら作品の評価は「賛否両論」みたいですが、曲がかっこいいのはほぼ間違いなさそうですし、主演の吉岡里帆さんがかわいいことも、歌が魅力的なことも間違いなさそうなので、

「予告の曲が好き」

「吉岡里帆が好き」

「阿部サダヲが好き」

「三木聡の映画に好きな作品がある」

人にはお勧めできる作品だと思います。

まあそれでも、ハマれないこともあるかも知れないので、自己責任で行ってくださいね♪

 

まとめ

今回は映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』の評価・感想をまとめてみました。

賛否分かれる作品ですが、運試しだと思っていってみるのもいいかも知れません。

案外「感動」できるかも知れませんよ!

というわけで今回はここまで!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


スポンサードリンク