映画

映画『音量を上げろタコ』主題歌の作曲は誰?出演ミュージシャンは?

うさぎ♪

こんにちはうさぎ♪です。

2018年10月12日に公開される

映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』

「転々」「インスタント沼」など、まさに「独創的」という言葉がピッタリの映画を撮っている映画監督三木聡の映画ですが、主演に吉岡里穂さん。阿部サダヲさんが出演されます。

早速公開されましたが、評価をまとめてみました!見に行く際の参考にしてくださいね。

映画音量を上げろタコ!評価感想まとめ!曲はいいけどつまらない人も?

 

音楽がテーマの映画なので、劇中にも音楽が沢山出てきますが、

とにかくこの映画の主題歌がかっこいい!

誰が作曲しているのか気になったので、今回調べてみました!


スポンサードリンク

映画『音量を上げろタコ』主題歌は二つ!

この映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』には、主題歌とされる曲が二つあります。

それぞれ、映画のシーンが使われたミュージックビデオが用意されているので見てみましょう!

SIN+EX MACHiNA 「人類滅亡の歓び」Music Video(Short Version)

シン & ふうか 「体の芯からまだ燃えているんだ(Duet ver.)」 Music Video(Short Version)

どっちもすごくかっこいい!

映画のために作られた曲って、時々がっかりするものもありますが、今回はめっちゃくちゃカッコイイ曲が2曲も!

というわけで、こんなカッコイイ曲を作曲した人を調べてみましょう!

映画『音量を上げろタコ』主題歌「人類滅亡の歓び」作曲は?

佐部サダヲさん演じる「シン」が中心になって歌っているこのデスメタルな主題歌ですが、作曲はロックバンド『L’Arc~en~Cie』のメンバー、HYDEさん。

監督のイメージを具現化していったら恐ろしい曲になりました笑。
シンとの共通項も多く、時期的にもお互いパクったわけではないのですが、シンと僕のアー写がそっくりだったので驚きました。
僕はドーピングしてませんよ!
出典:http://onryoagero-tako.com/music/

HYDEさん、なんて説明するまでもなく有名な方ですが、現在でもソロとして精力的に活動をつづけておられます。

こんな「デスメタル」な曲を提供しているので、ソロでもおどろおどろしい曲を作っているのかと思いきや、また違った作風なんですね・・・。

これが、最新ソロ曲です。

HYDE – 「WHO’S GONNA SAVE US」Music Video

ロックに最新のEDM的な要素もプラスした、海外にも訴える曲を作られているようです。やはり今も、ワールドワイドな視点で活動しているんですね。

 

HYDE(ハイド)

日本のロックミュージシャン。ロックバンド・L’Arc〜en〜Ciel、VAMPSのボーカリスト。

本名:寶井 秀人(たからい ひでと)

生年月日:1969年1月29日(49歳)

出身地:和歌山県和歌山市

1994年7月にL’Arc~en~Cielのメンバーとしてメジャーデビューを果たし、数々のヒット曲を生み出す。2001年に初のソロ活動をスタート。L’Arc~en~Cielとは異なる静謐で独特の世界観を提示した。2008年には、ロックユニットVAMPSを始動。日本のみならず、ワールドワイドにライヴ活動を展開している。2017年12月にVAMPSの活動休止を発表。2018年6月にソロ再始動。シングル「WHO’S GONNA SAVE US」をリリースし、同月よりライヴハウスツアーを行う。
出典:http://onryoagero-tako.com/music/

 

L’Arc〜en〜Cielでの大ヒットから、VAMPS、そしてソロ活動など、日本にとどまらずワールドワイドの活動している現役でかっこいいミュージシャンです。

「阿部サダヲが歌ってるだけで最高なのに作曲HYDEとかヤバい。しかもめっちゃかっけぇ」

「「音タコ」の主人公の歌の作曲、HYDEさんだったの!?知らなかった~!!これは益々楽しみだ~」

音タコのhydeの曲カッコイイし、阿部さんがシン役っていうのも絶妙なキャスティングだし、千葉くんのTバックとか面白味しか感じないし、早く公開日来い」

やはり、HYDEさんが作曲ということで、みなさんかなり驚いているみたいです。


スポンサードリンク


映画『音量を上げろタコ』主題歌「人類滅亡の歓び」作詞もすごい人

予告の動画では、おもに何を歌っているのか聞き取りにくいのですが、作詞をしている人も実はすごい人でした。

そのすごい人は、いしわたり淳治さん。

「声帯をドーピングしてとんでもない声を出すカリスマ的ロックスターの歌詞なんですけど…」なんていう言葉で笑いながら始まる打ち合わせは、おそらくこの先の人生でも二度とないでしょう。廃退的で耽美的な歌詞。とても楽しい貴重な経験をさせて頂きました。
出典:http://onryoagero-tako.com/music/

いしわたり淳治

1977年生まれ、青森県出身。ロックバンド・SUPERCARのメンバーとして全曲の作詞を担当。現在は音楽プロデューサーとしてチャットモンチー、9mm Parabellum Bullet、ねごと、GLIM SPANKYなど、作詞家としてSuperfly「愛をこめて花束を」、少女時代「PAPARAZZI」、SMAP「Mistake!」などを手掛け、これまでに携わった楽曲は600曲を越える。
出典:http://onryoagero-tako.com/music/

「スーパーカー」も熱烈なファンを集めるバンドでしたが、この人のすごいところは、とにかく

関わっているアーティストのバラエティがすごい

んですね。

上に挙げてある以外にも

・Little Glee Monster
・今井美樹
・薬師丸ひろ子
・SHINee
・BoA
・手嶌葵

などなど、それこそ上げたらきりがないくらい、

たくさんのアーティストの作詞に参加しています。

今回は、また変なお仕事に参加したんですね・・・。

「HYDEさんといしわたりさんの曲、格好良すぎて脳下垂体からアドレナリンが噴出します。」

「入りきらなかったのですが、作詞のいしわたりさんの歌詞も超絶です。


スポンサードリンク


映画『音量を上げろタコ』主題歌『体の芯からまだ燃えているんだ』作曲は誰?

今度は、ストレートで熱いロックナンバー『体の芯からまだ燃えているんだ』の作曲者を見ていきましょう!

作曲は、あいみょんさん

あいみょん

兵庫県西宮市出身のシンガーソングライター。2018年4月に4thシングル「満月の夜なら」リリース。8月には5thシングル「マリーゴールド」の発売も決定。同世代の若者から圧倒的な支持を集め、3月から開催した全国ツアーは全公演SOLD OUT。6月には台湾公演も決定。11月からは自身最大規模の全国ツアーも開催決定。
出典:http://onryoagero-tako.com/music/

若者からの絶大な支持を集めているアーティストです。

名前くらいは聞いたことがあるのですが、今回いろいろ聞いてみて「かっこいい!」と思いました!

いやはや、聞かずにいるのはもったいないですわ・・。

ちなみに、筆者はあいみょんさんのこの曲もぐっと来ました。

「仲良しのあいみょんが作った歌を里帆ちゃんが全力で歌っているのが、何かいい!」

「贔屓目抜きに曲、歌詞、歌、演奏 凄く良い、早く映画観たいな」

「なんてかっこいいんだ!!」

「普通に、めっちゃカッコいい!」

「あいみょん流石…。そして二人の歌声も素晴らしい。映画がますます楽しみになった!」

こっちの曲も多くの人の心の刺さっているみたい。

ですよね、かなりかっこいいですもんね。

しかも、それを吉岡里帆さんが熱を込めて歌うという・・。歌もギターも様になってますし、さらに好きになりそうです・・・。

吉岡里帆さんとあいみょんさん、実はプライゲートでも仲がいいみたいですね。友人の作った歌を映画で歌う・・うーんスゴイ人生送ってますよね♪

Q.仲のいい芸能人は?
撮影で仲良くなった石橋杏奈ちゃん、愛原実花ちゃんとか、ガールズバンド「CHAI」のみんな、アートディレクターの吉田ユニさん、シンガーのあいみょん、吉澤嘉代子ちゃん。
出典:https://www.andgirl.jp/0000012278?page=1

ちなみに、吉岡里帆さん、この映画のために、歌とギターを猛特訓したんだとか・・・。詳しくはこちらに・・・。

映画で使用しているギターについても調べてあります。

吉岡里帆は歌がうまくてギターも弾ける?音量を上げろタコ使用ギターは?

 

映画『音量を上げろタコ』出演ミュージシャンは?

この映画『『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』主題歌が豪華なだけではなくて、

挿入歌や出演ミュージシャンもかなり豪華

なんですよね。

 

主題歌『人類滅亡の歓び』参加アーティスト

・PABLO・・・ラウドロックの先駆けバンド・Pay money To my Painのギタリスト。

・KENKEN・・・LIFE IS GROOVE、RIZE、Dragon Ashをはじめ多数のバンドで活躍するベーシスト。

・SATOKO・・・03年から自身のロックバンド・FUZZY CONTROLの活動を開始し、ドラムコーラスと作詞を担当。

 

細かいところでいちいち「実力派」が混じっていますね。

主題歌『体の芯からまだ燃えているんだ』参加アーティスト

・THIS IS JAPAN・・・90年代のオルタナ直系サウンドのツインギターに、ツインボーカルで日本語の歌をのせるトーキョーオルタナティヴバンド。

 

挿入歌「夏風邪が治らなくて」参加アーティスト

・never young beach・・・14年春に活動開始。100枚限定で発表した自主制作盤「HOUSE MUSICS」は口コミで瞬く間に話題となり、15年5月に発表した1stアルバム『YASHINOKI HOUSE』はロングセラーとなる。

 

挿入歌「まだ死になくない」「ゆめのな」参加アーティスト

橋本絵莉子・・・チャットモンチーとしては、2005年ミニアルバム『chatmonchy has come』で、Ki/oon Recordsよりメジャーデビュー。

チャットモンチーのボーカルの橋本さんが、主人公である「ふうか」の曲を担当するんですね。というか、めちゃくちゃ豪華じゃんか・・。

「音量を上げろタコ」ふうか(吉岡里帆)の歌う挿入歌の作曲は誰?

挿入歌「遊ぶ金欲しさの犯行」参加アーティスト

・宮澤タク・・・グループ魂、Number the.のメンバーとして活動しているほか、ギタリスト/プロデューサーとして様々なプロジェクトに参加している。

・KATARU・・・ニューロティカのほとんどの曲を 作曲する一方、PUFFYのバックバンドとしてのテレビ出演や、矢沢洋子、ベイビーレイズ 等への楽曲提供も多数行う。

・NABO・・・96年にニューロティカに加入。ニューロティカの「飾らないままに」「イライラEVERYDAY!!」のMVでは監督も務める。

 

挿入歌「肩噛むな!」参加アーティスト

・清水麻八子・・・声域4オクターブの歌声を持ち、ソプラノ・ヴォイスとロックン・ロール・ヴォイスを使い分ける。

・八十八か所巡礼・・・06年に結成されたロックバンド。超絶テクニックと怪しげなムードを奏でるプログレッシヴ・ロックを軸としたサウンドが特色。

まとめ

今回は映画『『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』の主題歌を作曲した方たちのことをまとめてみました。

というわけで今回はここまで!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!


スポンサードリンク