ドラマ『ハゲタカ(2018)』の時間軸・時代設定は?過去?現在?

この記事は4分で読めます

ookawa422IMGL8115_TP_V

こんにちはうさぎ♪です。

2018年7月に放送開始したドラマ『ハゲタカ』

 

2004年に真山仁さんが発表した小説『ハゲタカ』を原作に、企業買収者、鷲津正彦(綾野剛)が大銀行や名門企業に買収を仕掛けていくというお話です。

 

かつてNHKでも連続ドラマ化され、とても評判が高かったドラマでもありますが、今回はテレビ朝日にて現代に蘇ることになりました。
さて、このドラマ、綾野剛さんの髪型が「妙に古臭い」ことでちょっと話題になってますが(笑)このドラマ、いったい「いつの」物語なんでしょうか・・・。

 

不良債権だとか企業買収とか何とかで、わかる人には時代背景もわかるのかもしれませんが、知識がないと正直わかりにくいなあというのが印象。

 

なので今回、この物語の時代設定はいつなのかを、まとめてみました!

ドラマのおともにぜひどうぞ!

 

『ハゲタカ』が半沢直樹のパクリと言われるも高評価!おもしろい?

ドラマ『ハゲタカ』視聴率・評価感想。NHK版と綾野剛の髪型が?

 

 

 

原作小説『ハゲタカ』の時代設定は?

hagetaka

 

 

このドラマ、原作の小説をもとに描かれているので、まずは原作の時代設定を見てみようと思います。

 

今回のテレビ朝日版のドラマは、小説『ハゲタカ』と『ハゲタカⅡ』を原作にしています。

 

よってこの小説の時代設定を踏襲しているのですが、

 

小説『ハゲタカ』は1997年~2004年

小説『ハゲタカⅡ』は2005年から2006年

 

が舞台になっています。

 

小説だけでも、約10年近い開きのある物語なんですね。結構スケールデカいんですね。

 

 

 

テレビ朝日版『ハゲタカ』の時代設定・時間軸は?

 

hgaetaka

 

では、今度はテレビ朝日版のドラマ『ハゲタカ』の時代設定を見てみようと思います。

 

実はこのドラマ、原作の『ハゲタカ』『ハゲタカⅡ』だけでなく、著者の真山仁さんによる「2018年版の鷲津」が登場する、ドラマ完全オリジナルのエピソードも盛り込まれるのだとか!

 

このドラマのプロデューサーさんがこんな風にコメントしていました。

ご自身の「情熱」と「覚悟」を鷲津に灯し、平成と闘う男を20年の時間軸で演じてくださいます。日本最強の「買収者」でありながら、現場の人間の圧倒的な「代弁者」でもある、主人公・鷲津。
 「ハゲタカ」と呼ばれながらも周囲にファンを増やし続ける不思議な魅力に満ちた主人公を圧倒的なエネルギーで、しなやかに、そしてしたたかに体現し私たちを魅了し続けてくださると確信しています。

 また今回は原作者・真山仁先生の全面的なご支援の下、2018年の鷲津の姿も描いていきます。

出典:http://www.tv-asahi.co.jp/hagetaka/intro/

「20年の時価軸で演じてくださいます」そして「2018年の鷲津の姿も描いていきます」と書いてありますね♪
物語の最初が原作通りだとすると、1997年から2018年にわたって、この『ハゲタカ』が描かれるということになるんですね。

 

いやあ、かなりスケールのデカい話になってきましたね♪

 

 

ドラマ『ハゲタカ』各話の時代・時間軸はいつ?

 

rp_a3-1024x6661-1024x66611.jpg
では、ドラマ『ハゲタカ』の1話から、それぞれいつの話なんだということを整理していきましょう!

 

わかりやすく説明されているとは言え、途中から見たり、ちょっと見落としてしまったりということもありますからね♪

 

 

1話 1997年

 

このドラマの初回、三葉銀行が日本初となるバルクセールを行う回。三葉綾野剛演じる鷲津の外資系投資ファンド『ホライズン・ジャパン。パートナーズ』との一騎打ちが繰り広げられました。

 

ここで、主人公である鷲津(綾野剛)と、後々のライバルとなっていく、松平貴子(沢尻エリカ)が出会うことになります。

 

 

2話 2001年

1話から4年経過。飯島(小林薫)の元にやってきた鷲津が、国内有数の寝具メーカー「太陽ベッド」の債権を譲渡してくれと迫ります。

 

なんやかんやあり、結局競争入札で新たなスポンサーを決めようという事態になっていきます。

 

松平貴子は、元務めていたホテルを辞め、実家の経営する『日光みやびホテル』に帰ってきていた。支配人に就任していたが、社長である貴子の父、重久(利重剛)の放蕩経営により業績は悪化の一途をたどっていました。

 

 

3話 2001年

父の重久(利重剛)に代わり、日光みやびホテルの社長に就任した貴子(沢尻エリカ)。ここで鷲津(綾野剛)と再会。鷲津はこの時、日光みやびホテルを「ホライズンジャパン。パートナーズ」が買収すると宣言する。

 

 

4話 2010年

鷲津(綾野剛)が暴いた三葉銀行の隠し口座の件で、常務取締役の飯島(小林薫)が失脚してから9年。鷲津は、国内有数の大手電機メーカー『あけぼの』の買収を画策していた。

 

とりあえず今放送されている範囲はここまで!

 

第3話まででとりあえず「1部終了」ということで、4話からは2部が始まるということですね。

 

3話までですでに1話から13年が経過していますが、綾野剛さんの髪型は一向に「レトロ」なままですね(笑)

 

というわけで、結構スケールのでかいお話だったことに、驚きです。

 

3話で第1部終了ということは、全部で第3部くらいまでありそうな予感。

 

きっと最後の「第3部」が、2018年を舞台にした、オリジナルの「ハゲタカ」なんでしょうね♪

現在の世相を反映したような物語が見られると思うと、今から楽しみですね。

 

 

まとめ

matome
というわけで今回は ドラマ『ハゲタカ』の時系列、時間軸を整理してみました。

 

ドラマを見ていて「これっていつの話なの?」と疑問に思っていましたが、これでようやく整理がつきました。沢尻さんの髪型か変わっていることも、きちんとした理由があったんですね(笑)

 

というか、もっとちゃんと見ていればわかるようなことですけどね。

といわけで今回はここまで!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. zettaireido
  2. sabaibaru
  3. hartIMGL0489_TP_V
  4. kenbun6
  5. PAK9V9A6896_TP_V4
  6. konosekainokatasumini
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。