ゲーム

DOOMEternalドゥームエターナル日本版グロ規制はなし?スイッチでもいけたからいけるはず!

うさぎ♪

こんにちはうさぎ♪です。

2019年に発売を予定されている、FPSゲームの草分け的存在のゲームの続編『DOOMEternalドゥームエターナル』

PS4やXBOXだけでなく、ニンテンドースイッチでも発売が決定し、なんとグーグルのストリーミングゲームサービスである『STADIA』にも登場することが決まっている、

いろんなハードで遊べるゲームになってますが、実はこのゲーム結構「グロい」

その「グロ」さが売りの一つでもあるこの『DOOMEternalドゥームエターナル』なのですが、

あんまりグロイと、日本版だけ「規制」がかかってしまうという残念なことが起こるんですよね。いっつも。

さてさて、2019年に発売が予定されているゲーム『DOOMEternalドゥームエターナル』ですが、表現に規制がかかるのかないのか、いろいろ探ってみたいと思います。


スポンサードリンク

DOOMEternalドゥームエターナル日本版グロ規制はあるのかないのか?みなさんの声を!

まずは、みなさんの『DOOMEternalドゥームエターナル』に対する思いを取り上げてみたいと思います。

「DOOM Eternalは規制されないでくれ

「DOOM Eternalは規制なしで頼むで….」

「DoomEternalのゲームプレイ動画上がってるけど、載せるにはグロすぎるから自重しとこ。今回もBGMはゴードンさんだな。かっこいい。」

「フックショットとブーストで移動力が大幅に強化されてて爽快!ついでにグローリーキルのエゲツなさも強化wグロ注意」

「DOOM プラチナトロフィー獲得。一つだけトロフィーを残した状態でしばらく放置していたのでサクッと終わらせました。いやー、エターナルもめっちゃ楽しみですな

「DOOMエターナルはいつ発売すんだろ。おま国にはならないで欲しいけど…最悪Steamで買うか

「最近のDOOMも初代みたいに走り回って戦えてめっちゃ面白かった。次はエターナルだったかな?楽しみ。 」

「DOOM、続編のエターナル出るまでにやっとこうかなー、そもそもエターナルって続きなのかなストーリー。」

1993年にPCのゲームとして発表されてから何度もリメイクやリブートを繰り返しながら、

その間に、ちょろっとゲーム性も変わったりしながら長い事愛されているゲームシリーズである『DOOM』

前作は2016年ですが、未だにプレイヤーもいるくらい息の長いゲームなので、

新作である『DOOM エターナル』に期待している人は多数いるみたいです。

動画を見てみてもわかりますが、まどろっこしいことは関係ない!とにかく縦横無尽に走り回って敵をなぎ倒しまくるという爽快名ゲームなので、非常にストレス解消になりそうですね。

いやあ、非常にエキサイティングですね・・。

しかし、動画を見ても気になりましたし、みなさんのコメントの中にもありましたが、気になるのはその「グロイ」表現のこと。

これ、今の日本できちんとプレイできるんでしょうか?それとも、いつものように規制されてしまうのでしょうか?

ただ、このゲームの「売り」である「グロさ」を取り除いてしまったら、ゲーム自体の価値がほかのゲームよりも下がってしまいそうな気がしますが・・。どうなるんでしょうか。


スポンサードリンク


2018年3月にスイッチにて発売された『DOOM』はどうだった?

さて、これから発売される『DOOMエターナル』ですが、実はニンテンドースイッチで発売されることが決定しております。

こんなグロいゲームをニンテンドースイッチで発売して大丈夫なのか?と思いきや、

実はすでに前作である『DOOM』が2018年3月にニンテンドースイッチで発売されているんですね。

プレイ動画がこちら。

どうですかこれ、

確かに解像度は多少荒いものの、スピード感もそのまんまですし、何より敵がしっかりと「バラバラ」になっていますし、「グローリーキル」もしっかりあります。

ニンテンドースイッチでは異例の『Z指定』での発売になったみたいですが、それでもグロ規制がなかったことが素晴らしいですよね。

というか、グロ規制があった場合、そもそも発売できないのか・・。とにかく、現時点で「グロ規制がない」という実績があるんですね。

というか、よく規制ナシで発売できたよなと驚きますけどね・・・。どうしてなのか、そのあたりのさじ加減が全然わかりませんけど、ゾンビみたいに、元人間じゃないからなんでしょうかね?


スポンサードリンク


最近の『ベセスダ』の規制具合はどんな感じ?

さて、このゲーム『DOOM』を発売しているのは、「Bethesda Softworks」

『フォールアウト』シリーズや、『スカイリム』などで知られるゲームのパブリッシャーですが、最近のベセスダさんの規制具合はどのようになっているのでしょうか?

『DOOM』の規制ナシ版が発売されているので、そのあたりかなり「緩く」してくれているのでしょうかね?

最近で、一番最初に発売されるゲームと言えば『RAGE2』ですが、『RAGE2』では、

残念ながら日本版ではしっかり「規制」されていることが、わざわざ公式から発表されました。

わざわざ日本版と英語版の両方を乗っけてくれていますね。「人型敵NPCの分離欠損表現の削除」としっかり明記されてりますが、ツイッターで乗せるのはOKなんですねw

『DOOM』をニンテンドースイッチに送り込んでくれたベセスダさんですが、こと『RAGE2』に至っては無理だったみたいですね。

理由は正直謎ではありますけど、それでも決まったことなんだから仕方ありませんね。

ちなみに、『RAGE2』はPC、STEAMでも発売されるらしいですし、PC版でも日本語化対応されているということなので、規制が嫌だったら「PC版」を買うのもアリですね。ただ、発売されてみないとわからないのが現状なんですが・・。

RAGE2レイジ2国内グロ表現規制はある?PCSTEAM版も危険かも?


スポンサードリンク


DOOMエターナルグロ規制問題の結論、やっぱりグロ規制はされない?

さて、こうして見てみると、今度発売される『DOOMエターナル』ですが、やはり規制されてしまうのでしょうか?

とも思いましたけど、

やはりニンテンドースイッチに規制ナシで発売されたという「実績」があるので、次回もおそらくグロ規制「ナシ」で発売されると思われます!

正直なはなし「どうしてこれがOKなんだろうか・・」と首をかしげずにはいられませんが、それでも実現してるんだから大丈夫に決まってる!

ということで、安心していいんだと思います。

 

まとめ

今回は2019年の発売が待たれるFPSゲームの新作『DOOMエターナル』にグロ規制はかかるのかを見てみました。

最初このゲームの動画を見たとき、「日本では無理だろうな」と思っていたのですが、意外や意外、実現していたんですね。

まだまだ詳しい発売日の状況はわかりませんけど、グーグルの『STADIA』での配信も含めて、いろいろと楽しみですね。

というわけで今回はここまで!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!


スポンサードリンク