未分類

ドラゴンクエストウォークの通信量どのくらいか予想!ポケモンGOではどのくらい

2019年6月3日に発表された『ドラゴンクエストウォーク』

『ポケモンGO』が多くのファンたちに支持され続けている現状から、「きっとドラクエでも出るはず」と思っている人も多かったのではないでしょうか。

そして今回、いよいよ、ドラゴンクエストの「位置ゲー」である『ドラゴンクエストウォーク』が発表されました。

このゲームの発表により、共同開発の『コロプラ』の株価も上がったみたいですが。

さて、今回は実際に『ドラゴンクエストウォーク』をプレイするにあたって気になる「通信量」を予想してみました。

面白いゲームでも、「通信量」がアホみたいに高かったら、実際プレイできませんからね。


スポンサードリンク

ドラゴンクエストウォークは通信量どのくらい?ポケモンGOでは?

ではまず、現在も多くの方に愛されている『ポケモンGO』の通信量を見てみようと思います。

まずは、一般的に言われている「通信量」を見てみると・・。

検証してみたところ、ポケモンGOのデータ通信量は1時間に10MB程度でした。

しかし、10MBよりも多かったり、少なかったりするという報告もあるため、スマートフォンや電波状況によって差があるみたいです。

出典:https://game8.jp/pokemon-go/79818

1時間に10MBということですが、具体的に「10MB」とはどのくらいかというと

・メール10通
・ネットで動画2分視聴

というところだと言われています。

これだと、毎日3時間ほどプレイすると、1日30MB、そして一ヶ月で大体1G(1000MB)くらいになるみたいですね。

「毎月のスマホの通信量だが、大体2GBぐらいにおさまる。SNSとかポケモンGOを毎日やってるけど、ほとんど通信量がかからないね。」

「ポケモンGoの通信量がだいぶ増えている気がする3月ぐらいから」

「ポケモンGOの通信量は1時間で約6MBぐらいらしい。これならできそうか。」

「実はポケモンGOはあまり通信量多くないので、1ヶ月毎日3時間使っても0.57GB程度しかいかないんですよ~!

地域差や個人差、損場所の通信状況や端末の情報などにもよりますが、いろいろとまとめてみると

1Gから2Gのあたりに収まるものと思われます。

となると、決して「低い」通信量ではありませんね。

あくまで1時間10MBは「目安」と」考えておいたほうが良さそうではありますが、それでも2G以上は行く可能性は少なそうですね。


スポンサードリンク


ドラゴンクエストウォークは通信量どのくらい?テクテクテクテクでは?

さて、現在すでに?サービス終了を発表しているニコニコ動画でお馴染みの「ドワンゴ」が提供していた位置ゲー

『テクテクテクテク』ですが、こちらの通信量はどの程度だったのでしょうか?

このゲーム『テクテクテクテク』は、実際の地図を「塗りつぶす」ことで経験値をためていくようなゲームだったのですが、

高速移動中も「予約塗り」というシステムがあったので、その「高速移動中」の通信量がかさむ関係で、『ポケモンGO』よりも通信量は高めな印象でした。

その人それぞれの使い方やプレイスタイルによって大きく差の出る『テクテクテクテク』の通信量ですが、

・1時間で150mb
・4時間で60mb
・50分で35mb

などなど、人によって大きく違っていたみたいですね。

「テクテクテクテク、結構面白かったから買い切りで出してくれたらやる。通信量とバッテリー消費量をなんとか減らして欲しいけど。」

「東京、広島、大阪間を行き来してて、各地でもあちこち行ってるので、「こりゃ、テクテクテクテク塗り時だ!」と張り切ってたら、通信量が大変なことになってて、まっ青。時間泥棒なだけでなく、通信量泥棒。そりゃ、移動時にずっとGPS、オンにしてますしね。」

「電車に乗りながらテクテクテクテクすると別ゲーに思えるくらい捗るけど、通信量がでかいのか容量残高が減る…お年玉換算でどれだけかかるやら。」

テクテクテクテクは通信量やばいらしいから家から一歩も出ずにテクテクテクテクをやるのは正解」

「テクテクテクテクは楽しいんだけど、外でやると通信量死ぬほど食われるから、あんまり外でやるゲームじゃないなと思いました」

やはり、皆さんのコメントを見ていると、かなり通信量を使うゲームであったみたいですん。

使い方を工夫すればいいと思うんですけど、いつも「「通信量」を気にしながら遊ぶのも嫌ですからね。


スポンサードリンク


ドラゴンクエストウォークは通信量どのくらい?予想は?

さて、今度の『ドラゴンクエストウォーク』では、通信量はどんな感じになるんでしょうか?

ここまで見て来てわかったのが、やっぱりこういった「位置ゲー」の場合、

ユーザーがすごく気にするのは『通信量』そして『バッテリー消費』だということがわかりました。

特に『通信量』がかさんでしまうと、通信制限に引っかかってしまったり、予想外の通信量を請求される可能性もあるので、現実問題として気をつけておかなくてはならないからですね。

おそらく、今度の『ドラゴンクエストウォーク』も、この「通信量」に関しては一番気をつけているところだと思います。

今までの『ポケモンGO』や『テクテクテクテク』などの位置ゲーに成功例や失敗例を参考にできる強みがあるので、今までの事例からベストなゲームにしてくるんじゃないでしょうか?

なので、通信量的には、大体『ポケモンGO』と同じ位に抑えてくるのではないかと予想しています。

つまり、1時間で10MBほどに抑えてくるのではと思います

 


スポンサードリンク


スマホのプランには注意が‎必要?

最近スマホ業界では「使い放題に近いプラン」と「従量性」のプランとの2つというシンプルなプランが主流になっていきそうですね。

「使い放題に近い」プランの場合は今回のようなゲームも全く問題ないのですが、

「従量制」のプランの場合は、この「ドラゴンクエストウォーク」の使用は注意したほうが良さそうです。

ソフトバンクもauでもどこもでも、どのプランも「従量制」のプランでは

1Gまでは安いのですが、1Gを超えてしまうといきなり1000円、2000円とぐんぐん増えていってしまいます。

今度の『ドラゴンクエストウォーク』を遊んだ場合、いきなり‎何ギガとかにはならないものの、最初の1Gは簡単に超えてしまうので、そのあたり注意が必要かもしれませんね。

 

まとめ

今回は、2019年中にリリースされる予定の『ドラゴンクエストウォーク』の通信量はどのくらいになるのかを予想してみました。

いろいろゲーム内容も盛り込みたいと思っているとは思いますが、それでも「通信量」がかさんでしまうとそもそも「プレイしてもらえない」ということになるので、‎運営側もそこは最重要課題として取り組んでくると思われます。

なので、おそクラ『ポケモンGO』レベルまで通信量を抑えてくるのだと思います。

また、詳しいことが分かり次第更新したいと思います。

というわけで今回はここまで!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!


スポンサードリンク