2018夏ドラマ

上白石萌歌がかわいい!みゆき役の演技力は?『義母と娘のブルース』

こんにちはうさぎ♪です。

2018年7月10日から放送のドラマ『義母と娘のブルース』

人気「4コマ漫画」がまさかの連続ドラマ化!ということで、どうやってドラマにするのかそのあたりも期待しながら楽しみにしているのですが、主演は綾瀬はるかさん、そして竹野内豊さんと、キャストも豪華です。

 

さて今回はこのドラマにて、綾瀬はるかさんの「娘役」をしている女優さん。上白石萌歌さんについていろいろ調べてみようと思います。

 

「娘役」は小学校時代と、高校生時代とあるのですが、上白石さんはもちろん「高校生時代」の娘役。

 

お姉ちゃんの萌音さんも人気ですが、萌歌さんも「かわいい!」とかなり評価高いです。

『義母と娘のブルース』ドラマと原作マンガを比較!全然違う?

ドラマ『義母と娘のブルース』あらすじ・キャスト・原作紹介!

 


スポンサードリンク


 

 

 

上白石萌歌さんのプロフィール

 

kamisiraisimoka

出典:http://www.toho-ent.co.jp/actress/profile.php?id=7304

 

上白石萌歌(かみしらいし もか)

生年月日 2000年2月28日(18歳)

出生地 鹿児島県鹿児島市

身長 162cm

血液型 A

職業 女優

ジャンル 映画・テレビドラマ

2011年、第7回『東宝「シンデレラ」オーディション』に応募し、当時史上最年少の10歳(小学5年生)で44,120人の中からグランプリに選ばれ、芸能界入り

2012年2月にドラマ『分身』で女優デビュー

出典:ウィキペディア

 

10歳で芸能界入りして、12歳で女優デビュー。そこから少しずつドラマに出演しつつ、今作で連続ドラマに抜擢されたということで、ここからさらに注目を集めそうです。

 

 

 

上白石萌歌さん、ドラマではどんな役柄?

gibomusu3

出典:TBS

 

さて今回の「義母と娘のブルース』では、萌歌さん、どんな役柄なのでしょうか。

 

このドラマ、お母さんが死んでしまった家族に、仕事一筋のキャリアウーマンが「義母」としてやって来てなんやかんやというお話なのですが、その「娘」役として、萌歌さんが出演します。

 

娘役は「小学校時代」は、横溝菜帆さんという子役の女の子が担当しますが、高校生時代の娘役を萌歌さんが担当します。

 

現在18歳ということで、ばっちり「女子高校生」の役柄はハマりそうですね。

ドラマ『義母と娘のブルース』あらすじ・キャスト・原作紹介!

 

 

 

上白石萌音が「かわいい!」と話題に!

hartIMGL0491_TP_V

 

さて、お姉ちゃんの萌音さんもそうですが、妹の萌歌さんもさっそく「かわいい!」と話題になってます。なんか「小動物」みたいな可愛さがありますよね。

 

「上白石萌歌まじかわいい」

「上白石萌歌、細田守監督から絶賛「4歳の男の子の声を18歳のこんなかわいい人がやるとは」 」

「上白石萌歌かわいい。ほほがふっくらしていて最高!!!ギー!!!」

「上白石萌歌ちゃん、かわいい。癒される」

「上白石萌歌ちゃんのほっぺ落ちそうなとこ好きかわいいああいう顔の人好き」

「上白石萌音ちゃん萌歌ちゃん姉妹。めちゃくちゃかわいい。鹿児島弁もかわいいすごい」

 
特に萌歌さんの「ふっくらした頬っぺた」に魅力を感じている人が多いみたいですね。リスみたいですよね。褒めてるんですけどね!

 

あとは、出身が鹿児島ということで、時々出てしまう『鹿児島弁』もポイント高めですね。女子の方言は本当に癒されますからね。
上白石萌歌さんの画像をちょっとだけ貼っときます。

 

 

mokahttps://eiga.com/person/91141/

moka2https://geisposoul.com/moeka/

moka3https://cat-kage.com/moka-kamishiraishi-4888

moka4
https://fanfunfukuoka.com/people/127337/


スポンサードリンク


上白石萌歌さん、演技の評価は?

rp_a3-1024x6661-1024x6661.jpg

 

さて、今回は連続ドラマに出演ということで、演技のほうがどのように評価されているのかを調べてみました。

 

 

「上白石萌歌さんの演技が素晴らしかったです。ほんとにくんちゃんそのものでした。」

「上白石萌音さんと上白石萌歌姉妹は歌もピアノも演技も上手。」

「山崎王子も上白石萌音も西郷どんもよかったけど、上白石萌歌の演技にも惹かれました♡」

「萌歌さんの方は未知数だったので、その演技力に驚いた。未来のミライも期待していいかも知れない。」

「上白石萌音、萌歌ちゃん、羊と鋼の森でのピアノの演技、良かったわ~あのピアノはホントに弾いてるのかね?」

「上白石萌歌ちゃんの演技に惹きつけられたな〜 普通にファンになりそうな自分がおった」

「主演の上白石萌歌ちゃんは健康的なヒロイン感が強く、演技力も期待出来るので、今後朝ドラのヒロイン抜擢される可能性がありそう。」

 
映画『羊と鋼の森』にて、姉の萌音さんと共演していたことで、お姉ちゃんとセットで評価されていることが多めですが、今のところ高評価が多いです。

 

細田守監督のアニメ映画『未来のミライ』での評価ですが、こちらは人それぞれで評価が分かれているみたいです。

 

「上白石萌音は君の名は。の演技よかったのに未来のミライの予告でクッソヘタクソになっとるやんけってる思ってたら上白石萌歌の方だったわ」

「細田守の未来のミライっていう映画楽しみにしていたのにキャスティングおかしいだろ。主人公の男の子の声が全然男児の声ではないな、上白石萌歌?君の名はのヒロインの声やってた人の妹だよね。男児の声に近づけるのも演技だけで必死で無理なら断ろうよ」

結構きびしめな意見もあるみたいですが、アニメの声優としての出演は「初」なので、これは致し方ない事なのかも知れませんね。
舞台版の「続・時をかける少女」では主演をつとめた萌歌さんですが、舞台での評価はそこそこいい雰囲気です。

 

全体的な評価をまとめてみると

 

「まだまだ未熟な点はあるけれど、今でも十分魅力的で演技もできるので、これからに期待できる!」といった雰囲気の評価だと思います。

 

これから出番が増え、経験も積んだら、かなりいい女優さんになっていくかも知れませんね。

 

 

 

まとめ

 

matome

今回はドラマ『義母と娘のブルース』にて、娘のみゆき役を演じる、上白石萌歌さんについていろいろと調べてみました。

 

お姉さんがかなり注目されていますが、コレからは妹のほうもかなり注目されていきそうな予感なので、これからが楽しみな女優さんですね。

 

というわけで今回はここまで!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

『義母と娘のブルース』と『逃げ恥』要素が似てる?パクってる?

ドラマ『義母と娘のブルース』のブルースってどういう意味?


スポンサードリンク