ゲーム

xcloudやSTADIAがスイッチで遊べる?クラウドゲームは任天堂と共存する方向なのかも

うさぎ♪

こんにちはうさぎ♪です。

2019年3月、グーグルが新しいゲームサービスである『STADIA(ステイディア)』を発表しましたね。

高性能はゲームハードや高性能パソコンを準備しなくても、いつでもどこでも最新のゲームが遊べるようになるサービスなので、かなり評判が高いです。

ただ、このグーグルの『STADIA』と同じように、ゲームストリーミングサービスを作り上げようとしている会社があります。それがマイクロソフト。

(正確にはプレイステーションも「playstation now」」というサービスがあるんですが)

マイクロソフトは「Project xcloud」という、これまたゲームストリーミングサービスを展開しているんです。

このサービスはデバイスを問わず、好きなようにゲームができることを
掲げているのですが、実は「ニンテンドースイッチ」でもプレイできるかもという噂があるんです。

どういうことなんでしょうか?

SADIAステイディアはiphoneだけじゃなくアンドロイドでも使えない?

xcloudの料金やサービス開始時期はいつ?STADIAとの違いを比較してみた!


スポンサードリンク

マイクロソフトの『xcloud』がニンテンドースイッチでプレイできるかも?

こんな記事がありました。

噂によるとマイクロソフトはXbox Game PassをNintendo Switchで提供する方法を模索しているとのこと。 マイクロソフトと任天堂はこのプロジェクトで協力しているようです。

中略

Direct-Feedの報道によると、マイクロソフトはNintendo Switchに自社の作品である『Ori and the Blind Forest(オリとくらやみの森)』の発売を検討しているとのこと。

中略

マイクロソフトは既に「マインクラフト」をNintendo Switch向けに発売しているほか、Xbox Game Studios傘下のNINJA THEORYから「Hellblade:Senua’s Sacrifice」がNintendo Switch向けにこの春海外で発売される予定です。

中略

それはNintendo Switchではあまり発売されていない『海外の大作ゲーム』がSwitchでも遊べるようになるというメリットです。 Xbox Game Passのラインナップを見れば、マイクロソフトのゲームだけではなく『バイオショックシリーズ』『デッドアイランドシリーズ』『エルダースクロールズシリーズ』『フォールアウトシリーズ』『ヒットマン』など人気ゲームが遊べるほか、国内タイトルでもNintendo Switchではリリースされていない「バイオハザード」や「スーパーストリートファイターIV:AE」などがXbox Game Passにラインナップされています。

出典:https://wpteq.org/xbox/post-47079/

最近でも、ニンテンドーのスイッチで「マインクラフト」が遊べたりと、マイクロソフトと任天堂は今までもいい関係を築いて来ていましたが、

今度のマイクロソフトの「xcloud」も、ニンテンドースイッチでプレイできるようになるかもしれないという「噂」があるという記事です。

マイクロソフトがスイッチでゲームを販売できるようになれば、単純に販路が広がりますし、任天堂側も、xboxのソフトが「xcloud」で遊べるようになれば、

ニンテンドースイッチの一番の弱点「マシンパワーの弱さ」も克服できるので、お互いにとってすごくいいことなんだと、この記事では書いています。

たしかに、スイッチでは任天堂のゲームが遊べて、しかもxboxのソフトも遊べたら、死角はなくなるかもしれませんね。

今までスイッチはほしいけど、グラフィックや処理能力の関係で二の足を踏んでいたユーザーさんも、これを機にスイッチの購入に踏み切るかもしれませんからね。

まあ、いろいろ書きましたが、要するに

ニンテンドースイッチで、xcloudが遊べるかもしれないという噂がありますよ!」ということです。それも、そこそこ実現性の高い話ですよ!ということ。

個人的には、任天堂のソフトも遊びたいですし、海外のゲームも大好きなので、これはまさに大歓迎なことなので、ぜひ実現してほしいですね。


スポンサードリンク


グーグルの『STADIA』はスイッチでも遊べるようになる?

さて、xcloudではニンテンドースイッチでも遊べる「可能性」が出てきました。まだ確定ではないですが、そこそこ信憑性はありそうです。

では、グーグルの『STADIA』ではどうなるんでしょうかね?

グーグルもゲーム業界に参入するとなれば、確実に「ライバル会社」となりそうな任天堂ですが、ニンテンドースイッチで『STADIA』も遊べるようになる可能性なんてあるんでしょうか?

実は、ちょっと前に、グーグルのインターネットブラウザ『Chrome』でニンテンドースイッチのコントローラーを使用公式サポートする可能性が報じられていました。

そんななか、同社のWebブラウザChromeがNintendo Switch用のコントローラーを将来的に公式サポートする可能性が報じられています。

これはTwitterユーザーのOwen Williams氏がChromiumのGerritで発見した、新たなコミットを根拠とするもの。まさに「Nintendo Switch用ゲームパッドのサポート改善」と題されたコミットには、Switch ProコントローラーやJoy-Con(左右の個別およびペア)、それにUSB接続の充電グリップもサポートすると記載されています。

今度の『STADIA』ですが、パソコンからならグーグルのブラウザ『chrome』を通じて遊べるようになると報じられているので、

これってつまり『STADIA』のコントローラーとして、ニンテンドースイッチも使えるようにするということになるのではないかと・・・。

こうなってくると、すでに技術的には、ニンテンドースイッチだけで『STADIA』も遊べるように「なっている」と考えても不自然ではないはず!

となると、グーグルのクラウドゲーミングサービスである『STADIA』も、ニンテンドースイッチで利用可能になる可能性が十分にありますね。


スポンサードリンク


『xcloud』でも『STADIA』でも使用可能になる?任天堂とは共存共栄を目指す?

最初は、クラウドのストリーミングゲームサービスなんだから、きっとPCで遊ぶようなフルスペックのゲームより、スイッチくらいのカジュアルゲームのほうが中心的に配信されると思っていました。

なので、スペックよりもコンテンツ重視な任天堂は大丈夫かな、ライバルにならないかなと思っていました。

しかしオリジナルかつ人気な独自コンテンツを多数所有している任天堂とは競合せずに、両者とも「共存」をしていく方向なのかなと、今回いろいろな情報をまとめていて思いました。

まあ、これは勝手な憶測なのですが、今現在、任天堂以上に独自のコンテンツを所持しているゲームの会社は珍しいので、敵に回すよりは味方になったほうが賢いということなのかもしれませんが。

いくらグーグルやマイクロソフトといえど、このクラウドゲーミングサービスを普及させるのは「チャレンジ」であることに間違いはありませんからね。

ソニーも「playstation now」というクラウドゲーミングサービスを実施してますけど、それほど話題になっていないどころか、ちょっとづつ縮小していますからね。


スポンサードリンク


まとめ

今回マイクロソフトの『xcloud』、グーグルの『STADIA』それぞれが、ニンテンドースイッチで遊べるようになるかもしれない可能性について見てみました。

競合してライバル関係になると思っていましたが、任天堂の独自路線のおかげで、それほどライバルにならない可能性があるのかなという気がしています。

ということは、これは明らかにマイクロソフト対グーグルという、2大インターネット巨人の一騎打ちということになりそうですね。

さてさて、どっちが派遣を握るにしてみ、ニンテンドースイッチは「持っておいてそんななさそう」な端末であることに間違いなさそうです。

というわけで今回はここまで!

最後までお読みいただきありがとうございました!

googleのゲームプラットフォーム『stadia』ではクロスプレイは当たり前?

グーグルSTADIAステイディアはテレビでできるがwifi必須?遅延が問題!


スポンサードリンク