ゲーム

ドラゴンボールZカカロットストーリーはセルやブウ編まで?フリーザまで?

こんにちはバシ☆タカです。

2020年初頭に発売がされるゲーム『ドラゴンボールZカカロット」 

ゲームのタイトルにもある通り『カカロット=孫悟空』視点の物語を「追体験」できるゲームとして発売されるそうです。

PVめちゃかっこいいですし、こりゃやるしかないですね♪

さて、PVを見ていて気になったのですが、PVでは「フリーザ」との死闘が描かれていました。クリリンがフリーザにあっけなく爆発させられてしまうシーンもアリましたが、それ以降の敵に関しては一切出てきません。

さて、今回のゲーム『ドラゴンボールZカカロット』は、フリーザまでの物語になるんでしょうか?いろいろ調べてみました。

ドラゴンボールZカカロット発表!海外ファンの反応がステキで爆笑w

ドラゴンボールZカカロットはスイッチ版は出る?日本語版PCは?


スポンサードリンク

ドラゴンボールZカカロットストーリーはセルやブウ編は描かれる?フリーザまで?

さて、それでは早速結論と参りましょう!

今回の『ドラゴンボールZカカロット』では、フリーザ以降の物語が描かれるかについては、

「まだわからない!」ということらしいです。

 

ズコー!

http://halkalabo.blog.jp/archives/39706840.html

 

残念ながら、インタビューに答えていた人も、そこはまだ「伏せておけ」ときつく命令されているみたいで、コメントできませんという雰囲気でした。

インタビューにて何度も「孫悟空を追体験できる作品」というところを強調していました。

インタビューはゲームサイトIGNがE3にて行ったもの。

答えているのはバンタイナムコの「Kimoto Kazuki」さんと開発元であるうサイバーコネクト2の「Ryosuke Hara」さんです。

インタビューの内容をかいつまんで見ると、以下の通り。

・圧倒的なボリュームでのストーリーの追体験ができる。メインのシーンはもちろんだけど、原作の「細かい部分」なんかも再現。そして「今作で初めて語られるシーン」もある。

・オープンワールドではない。オープンワールドにしてしまうと原作に対して「嘘」をつくことになってしまうので。

・このゲームは「どこまで」描かれるのかという質問に対しては「タイトルが『ドラゴンボールZカカロット』とある通り、「Z」の物語を追体験するものになっている」と、具体的に「どこまで」とはコメントしていなかった。「フリーザ」以降はまだ「コメントできない」とされていました。

ただ、「ドラゴンボール」に出てきた人造人間8号こと「ハッチャン」が大人になった悟空とコミュニケーションをとる、というような、過去からのつながりを思わせるような演出はいくつか用意されている。

・基本的には『映画』などのパラレルワールド要素は含めず、原作の『Z』の物語を追体験することがメインになりそう。

とにかく「悟空」を追体験することがメイン。筋斗雲に乗ったり、舞空術で空を飛んだり、巨大な魚を料理したりなどなど。

このインタビューではとにかく「孫悟空の追体験ができる」とコメントしていましたが、フリーザ以降の物語が描かれるかを聞かれたときには、まだわからないという返答でした。

きっと、まだ「発表できる状態にない」ということなんでしょうね。

ということで、現時点ではわかりませんが、これだけではつまんないので個人的に予想をしてみましたよ!


スポンサードリンク


ドラゴンボールZカカロットで描かれるのは、やはりフリーザまで?

さて、基本的にこのゲームで描かれるのは『ドラゴンボールZ』の孫悟空視点の物語ということは間違いないのですが、

ドラゴンボールZの最初からフリーザまでの物語をざっと見てみると以下の通り。

ラディッツとの戦い。

界王様の元での修行。

ナッパ、ベジータとの戦い。

ナメック星にて、ドラゴンボール争奪。

ギニュー特戦隊との戦い。

フリーザとの戦い。

こうして見てみると、フリーザ編まででそこそこのボリュームにも見えるのですが、今回のゲームのポイントである

「孫悟空視点」ということを加味して考えると、途端にボリュームが怪しくなってきます。

 

・ラディッツとの戦い。

悟空は、ラディッツと戦った際、ラディッツを羽交い締めにしたまま、ピッコロの魔貫光殺砲を受けたため、一旦死にます。そして界王様の元に行って修行、界王拳をマスターします。

・界王様の元での修行。

龍の道でしたっけ?あそこのエピソードはまるまる面白いゲームになりそうですし、バブルスくんたちとの修行も、ゲームとしてなかなか楽しいものになりそうです。

・ナッパ、ベジータとの戦い。

悟空が天国で修行中に、ナッパとベジータが地球にやってきて、残されたメンバーで頑張るわけですが、修行を終えてすぐにナッパベジータとの戦いが始まります。

今回結構「オープンワールド風」な雰囲気で、いろいろとウロウロしたり、釣りをしたり、食べ物を集めたりも楽しめそうなゲームだと思うんですが、

ベジータが襲ってきてるのに、のんきに釣りなんてしていられないので、このあたりどうなるんだろうと気になっています。

・ナメック星にて、ドラゴンボール争奪。

ベジータを無事倒した後ですが、またしても大怪我を追ってしまう悟空。療養をするために地球に残り、他のメンバーは新しいドラゴンボールを求めてナメック星に旅立ちます。

この間も、悟空は療養中なので、特にできることもないような気がしますが、どうなんでしょうかね。

療養が終わって、ナメック星に行く途中はまたもや「修行」が待っているのですが、宇宙船の中での修行がメインなので、特に動き回ることもできません。

・ギニュー特戦隊との戦い。

そしてナメック星に到着すると、途端にバトルが始まります。そしてまたもや大怪我を追ってしまう悟空です。

・フリーザとの戦い。

怪我を直して今度はフリーザとの戦いになりますが、怪我を直したらすぐにまた強い敵とのバトルが始まります。

こうしてみてみると、悟空って、ドラゴンボールZになってから、最強の敵と戦うか、怪我をしているかどちらかしかないんですよね。

なんか、広大なマップをウロウロしている暇なんて、どこにもないような気がするのですが・・。

しっかりした「ストーリー」をなぞって行くゲームになるろアナウンスされているので、「怪我をしている」という点ももちろん考慮されて物語の組み込まれていると思うのですが、そうなるとボリューム的に少ないのでは?と感じてしまいます。


スポンサードリンク


ドラゴンボールZカカロット:そもそも「フリーザ編で終わっておくべきだった」説も?

さて、フジテレビ系で過去に放送された特番「漫道コバヤシ ドラゴンボールZ 復活の「F」公開記念スペシャル」で、

当時の編集者である、鳥嶋和彦氏が当時の裏話を語り「悟空の闘いはフリーザまでで終わっておくべきだった」と爆弾発言をしてファンを驚かせていましたが、

「フリーザ編で悟空の物語はピーク」という意見もあるみたい。

確かに、今振り返ってみても、超サイヤ人になり、フリーザをやっつける悟空は本当にかっこよかったですし、ゲームのタイトルでもある『ドラゴンボールZカカロット』というテーマにぴったりな気がします。

サイヤ人としての孫悟空「カカロット」の物語として捉えれば、フリーザ編で終わるのも、結構ありと言えるのかもしれませんね。

 

ドラゴンボールZカカロットはやはりフリーザ編までと予想!

ここまで見てみて、やはり筆者の予想としては、予告にもある通り「フリーザ編」までで終了するのではないかと予想しています。

まだこのゲームの「続編」は出てくるかもしれません。もしかしたら「ドラゴンボールZ孫悟飯」が出たとしても、これは十分面白い作品になると思いますしね。

ただ、今回の「カカロット」でしっかりと切り取るならば、やはりフリーザ編で止めておいたほうが、物語としても複雑になりすぎずに済みますし、ゲームとしても作り込みやすいのではないかと感じます。

確かに現時点では「ボリューム不足なのでは?」という心配もありますが、本編では描かれなかったようなエピソードも追加されるみたいなので、きっとボリュームに関してはクリアしているのではないかと思います。

もしブウ編まで描かれるとしたら、それはそれで「冗長」な気もしてきてしまうので、やっぱりフリーザ編までで「カカロット」は終わって、これがヒットしたら他のキャラクターのシリーズも作っていくという予定なんじゃないでしょうかね。

「ベジータ編」だって「孫悟飯編」だって、結構面白そうですからね。


スポンサードリンク


まとめ

今回はゲーム『ドラゴンボールZカカロット』では、フリーザ編以降は描かれるのかどうかを、いろいろと考えて予想してみました。

個人的には「フリーザ編」でかっこよく潔く終わったほうがいいと感じていますが、皆さんの予想がアリましたらいろいろ教えていただけると勉強になりますので、コメントにどんどん書き込んでくださいな。

これを気に、また改めてドラゴンボールのアニメが見たくなりましたね。

というわけで今回はここまで!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ゲームドラゴンボールZカカロットまとめ!ストーリーは原作?パラレルワールド?


スポンサードリンク