2019冬ドラマ

家売るオンナの逆襲視聴率と評価感想まとめ!松田翔太カッコよすぎ!

うさぎ♪

こんにちはうさぎ♪です。

2019年1月9日に放送開始したドラマ『家売るオンナの逆襲』

2016年に放送され人気だったドラマ『家売るオンナ』の続編。主演はもちろん北川景子さん継続ですが、今回は家売るオンナである「三軒家万智」にライバルが出現するお話になります!

前作では北川景子さんの「GO!」という掛け声(?)が印象的でしたが、今回も「GO!」は健在なんでしょうかね?

というわけで今回はドラマ『家売るオンナの逆襲』の視聴率を評価感想をまとめてみたいと思います。


スポンサードリンク

ドラマ『家売るオンナの逆襲』の視聴率は?

ではさっそくドラマ『家売るオンナの逆襲』の視聴率を見てみようと思います。

1話 12.7%

スゴイですね.

『東京タラレバ娘』以来の高い初回視聴率です。前作がヒットしていたのでもともと注目度が高かったとはいえ、やはり「家売るオンナ」の人気は間違いありませんでしたね。

過去の同じ枠のドラマを見てみましょう!

・『獣になれない私たち』初回視聴率11.5% 平均視聴率 8.75%

・『高嶺の花』初回視聴率11,1% 平均視聴率9.49

・『正義のセ』初回視聴率11.0% 平均視聴率9.77%

・『anone』初回視聴率9.2% 平均視聴率6.16%

・『奥様は取り扱い注意』初回視聴率11.4% 平均視聴率12.65%

・『過保護のカホコ』初回視聴率11.6% 平均視聴率11.47%

・『母になる』初回視聴率10.6% 平均視聴率9.17%

・『東京タラレバ娘』初回視聴率13.8% 平均視聴率11.39%

こうして見てみると、初回視聴率は最近11%くらいが平均値になっていますね。

ヒットした『東京タラレバ娘』でも13.8%、最終的に、ヒットしたら平均視聴率も10%を超えることもありますが、結構話題になっても平均が10%を超えるのは難しくなっていますね。

ただ、みなさんタイムシフトで、見逃し配信などを見ているんでしょうね。

ちなみに、このドラマの「前作」である『家売るオンナ』の視聴率を見てみると

初回視聴率 12.4% 平均視聴率11.59%

と結構ヒットしていたことがわかります。初回視聴率をそれほど大きな差がないというのは、ヒットした証拠ですからね。

さて、前作が面白かった『家売るオンナ』なので、初回視聴率も高い数字が出るのではと思いますが、どうなるでしょうね?


スポンサードリンク


ドラマ『家売るオンナの逆襲』の評価感想まとめ!

というわけでドラマ『家売るオンナの逆襲』の評価感想をまとめてみたいと思います!

ドラマ『家売るオンナの逆襲』の評価感想:面白い!

前作も評価が北川景子さんの振り切った演技が好評でしたが、今回かなり高い評価でした。

「『家売るオンナの逆襲』面白い。シーズン2も期待大。主題歌斉藤和義さんの「アレ」も良いな。」

「家売るオンナやっぱ面白い。」

「家売るオンナの逆襲 クセが強くベタなのわかっちゃいるのに引き込まれる面白さは前回よりパワーアップ♪(笑)」

「家売るオンナ面白すぎてずっと見続けてしまうwwwwGO!!!!が面白すぎるwwwwwwwwwwwwwwいちいち風吹くしwwwww」

前作よりも、より「家売るオンナ」らしさが増しているというか、濃くなっているという評価はかなり多いです。

クセの強さをさらに強くしたみたいな雰囲気だと評判です。

 

ドラマ『家売るオンナの逆襲』の評価感想:北川景子の演技は?

「家売るオンナ大好きなんだよな〜😂💓北川景子面白すぎる」

「北川景子のあの顔芸、ずーっと同じだから飽きた。」

「北川景子心無しか顔に険が出て迫力増し増し」

「北川景子、美人やわ〜」

相変わらず主演の北川景子さんは「キレイ」という評価。三軒家というクセのあるキャラクターも、すでに安定してきた感がありました。

ただ、前作から全く同じ「顔芸」だから「飽きた」という声はちらほらありました。まあ、あの濃いめの演技がずっと続いていますから、飽きるのも無理はないかも知れませんね。


スポンサードリンク


ドラマ『家売るオンナの逆襲』の評価感想:BL展開には賛否?

今回、松田翔太さんが「三軒家」のライバルとして登場しているのですが、同じく出演している千葉雄大さんとまさかの「BL」っぽい展開になっています。

「家売るオンナにBL要素いらないです.」

「家売るオンナやばない?公式が松田翔太と千葉雄大のblてやば」

「さらにアクが強くなっててやや胸焼け感あるけどぶっこまれたBL展開がとんでもなかった…さらにアクが強くなっててやや胸焼け感あるけどぶっこまれたBL展開がとんでもなかった…」

「BL要素要る?要らないよね。」

一部の人には好評な「BL展開」でしたが、最近のドラマではすでにびっくりすることでもなくなった「BL」に、「このドラマには必要ないかも」という意見も目立ちました。

喜んでいる人はめちゃくちゃ喜んでいますけどね・・・。

 

ドラマ『家売るオンナの逆襲』の評価感想:松田翔太かっこいい

今回、北川景子さん演じる「三軒家」のライバルとして新しく出演している松田翔太さんですが、かなり評判いいです。

「家売るオンナの松田翔太イケメン過ぎて鼻血でる」

「松田翔太くんの、あれは…昨日の雄大くんとのからみ、面白かった~」

「工藤阿須加と仲村トオルと千葉雄大と松田翔太が揃ってる家売るオンナほんと推せる」

「家売るオンナ面白かった…前作観てないけど楽しめた…テンポよくて爽快感ある…北川景子と松田翔太かっこいい……」

カッコイイ上に、仕事はできるのにどこか「抜けている」雰囲気のライバルですが、カッコイイだけでなくて、とても魅力的なキャラクターとして評価が高いです。

松田翔太さん、どんな役でも魅力的に演じてしまうんですね。

 

ドラマ『家売るオンナの逆襲』の評価感想:批判的な意見も集めました。

概ね「好評」なドラマ『家売るオンナの逆襲』ですが、いちおう批判的な意見も集めてみました。

「もう見ないかな…あきた…」

「初回はややインパクトが弱い印象だったかな。パタ-ンに慣れ過ぎてしまったところもあるかな、とは思うんですが。」

「良く言えばパワーアップ、悪く言えば悪乗りし過ぎ、と言えるだろうか。」

「主人公はじめ皆が誇張し過ぎの演技でコメディといえども見ていて疲れる受ける人には面白いのかな」

このドラマ『家売るオンナの逆襲』ですが、いい意味でも悪い意味でも「前作よりもパワーアップ「前作の濃縮版」といった雰囲気なので、そもそもこの「ノリ」についていけない人がさらに受け付けなくなった印象です。

確かに、濃くなっていますよね、確実に。好みがわかれるのも無理ありませんね。


スポンサードリンク


ドラマ『家売るオンナの逆襲』の評価感想:全体的な評価をまとめてみると。

全体的な評価感想をまとめてみるとほとんどが「面白かった!」「スカッとした!」という意見でした。

前作も評判がよかった『家売るオンナ』ですが、そのエッセンスをそのまま「濃縮」したような続編に、視聴者は満足しているみたいです。

新しいキャラの松田翔太さんもすごく評判がいいですし、北川景子さん演じる「三軒家」のライバル出現ということで、視聴者も飽きずに継続して視聴するのではないでしょうか?

ただ、あまりにも前作の要素を引き継いでいるので、中には「もう飽きた」という人も。少数派ですが・・・。

まさかの千葉雄大さんと松田翔太さんの「BL展開」ですが、こちらは賛否両論でした。これ以上エスカレートしないとは思いますが・・。

とにかく、確実に視聴者の心をつかんでいますし、新しいキャラも登場してますます楽しくなっている雰囲気なので、今クールのヒットドラマの一つになるのは間違いなさそうです。

この調子だと、まだまだ続編期待できるかも知れませんね。

 

ドラマ『家売るオンナの逆襲』の評価感想:実際に見てみました!

筆者もドラマ『家売るオンナの逆襲』を見てみました!

みなさんおっしゃるように、前作の『家売るオンナ』の面白いところや評判のよかったところを「濃い目に」抽出してドラマにしたような雰囲気でしたが、北川景子さんの演技も相変わらず振り切っていて、楽しかったです。

それぞれのキャラクターもほとんど全員が「濃い目」になっているのですが、前作で千葉雄大さんあんな感じでしたっけ・・・。もっとスマートな雰囲気だったような・・。

個人的に好きなのは、やはる松田翔太さんのキャラクターですね。フリーの不動産屋として「三軒家」の前に立ちはだかるライバル役ですが、仕事はできるのにところどころ抜けているキャラクターもすごく素晴らしいです。

北川景子さんのキャラクターだけでも魅力的なのに、松田翔太さんまで加わって、続編でさらにパワーアップしている感じです。

正直、見る前までは「続編で面白くなるのかな」とも思いましたが、松田翔太さんのキャラのおかげで、間違いなく面白いドラマになっていると思います。

今期おすすめのドラマの一つですね。


スポンサードリンク


まとめ

今回はドラマ『家売るオンナの逆襲』の視聴率と評価感想をまとめてみました。

かなり評価も高いので、気軽に笑いたい、スカッとしたい!という人は見てみて間違いないドラマに仕上がっていると思います。

というわけで今回はここまで!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!


スポンサードリンク