2018夏ドラマ

この世界の片隅に:6話評価評判・感想!衝撃の展開に涙・・。

こんにちはうさぎ♪です。

2018年8月19日(日)の放送されたドラマ『この世界の片隅に』

 

主演の松本穂香さんのふんわりとした雰囲気が見ていて心地いいドラマですね、

 

さて今回はドラマ『この世界の片隅に』第6話の評価評判・感想をまとめてみました。

 

『この世界の片隅に』視聴率・評価感想。描き方が丁寧!朝ドラっぽい?

ドラマ『この世界の片隅に』堂本志野役土村芳がかわいい!演技は?

ドラマ『この世界の片隅に』音楽が久石譲ってすごくない?

 


スポンサードリンク

 

 

ドラマ『この世界の片隅に』6話のあらすじ。

 

konosekainno6

出典:http://www.tbs.co.jp/konoseka_tbs/story/v6.html

昭和20年春。呉にも空襲がやってきた。北條家に被害はなかったが、戦争の陰が日に日に濃くなっていく。そんなある日、北條家ではこんなご時勢だからと花見が企画される。その花見は幸子(伊藤沙莉)に周作(松坂桃李)の同僚・成瀬(篠原篤)を紹介するという重大な会でもあった。

 

一行が公園に向かうと大勢の市民が桜を楽しんでいる。いつ空襲に遭うかわからない非常時だが、考えることは一緒らしい。サン(伊藤蘭)や径子(尾野真千子)は満開の桜に心が和む。しかし、すずは人ごみの中にリン(二階堂ふみ)を見つけてしまい、逆に心乱れる。初対面の幸子と成瀬を皆で盛りたてる中、すずは家族の輪から離れリンと接触する。お互いに言いたいことはあるのだが、すずとリンの会話は噛み合わない。しかし、すずはリンに全てを見透かされている気がして…。

 

花見からしばらく経ったある日、ラジオから工場が爆撃されたというニュースが。その工場には円太郎(田口トモロヲ)が勤めている。被害は軽微だと報道されているが、帰宅した周作は職場で壊滅的だと聞いたという。さらに、文官だった周作が武官になることになり、教練のため三ヶ月ほど家に帰れないという。突然の報告にすずは絶句する。

出典:http://www.tbs.co.jp/konoseka_tbs/story/v6.html

 

ドラマ『この世界の片隅に』6話の簡単なネタバレ

 

rp_a3-1024x6661-1024x66611.jpg
周作(松坂桃李が出発した後、円太郎(田口トモロヲ)が病院にいることが分かった。

 

円太郎のお見舞いに行ってきた径子(尾野真千子)。円太郎から時計を修理してきてほしいと預かってくるのですが、これは円太郎からの「下関に一度行ってこい」というメッセージだと受け取り、径子と晴海は下関に行くことになります。

 

しかし、下関へ行くための駅は大行列。長い時間がかかることが予想されたので、すずと晴海は円太郎の病院に見舞いに行くことに・・。

 

しかし、その途中で空襲が。

 

近くの防空壕に逃げ込み、難を逃れるのですが、その帰り道、すずと晴海は不発弾の突然の爆発に巻き込まれてしまいます・・・。

 

ここで第6話は終了。

 

原作にもある、「とても衝撃的な展開」なのですが、いよいよ来てしまったという感じですね・・・。

 

このドラマを見ているとほほえましいと思えることもたくさんあるのですが、やはり描いているのは”戦争”以外の何物でもないんだなあと痛感します。
さて、衝撃的な展開を迎えた第6話、みなさんの評価や感想はどのようなものだったのでしょうか?

 


スポンサードリンク

 

ドラマ『この世界の片隅に』第6話の評価・感想まとめ。

 

00_PP39_PP_TP_V
みなさんの評価や感想をまとめてみました。

 

「この世界の片隅に…この終わり方で来週休みなのか…あ~…でも、続き観るの辛い…

「もう、この世界の片隅に見るの悲しくなってきた。

「おまえと一緒に生きていきたいんじゃ(だっけ?)今の時代こんなセリフ言う人いないよな~って思うと余計キュン度あがったw」

「こっからどんどん辛くなる。映画は自分でもびっくりするくらい泣いたからな…覚悟が必要だ…。

「この世界の片隅にの松坂桃李に惚れる

二階堂ふみ可愛すぎて、この世界の片隅に観ながらきゅんきゅんしてる」

「二階堂ふみが息を呑む美しさで毎度うっとり」

「この世界の片隅に。の二階堂ふみが美しすぎて自分が嫌んなるわ」

やはり、みなさんが話題にしていたのは、6話のラストの衝撃的な展開・・・。

 

原作を知っている人ならばなおさらですが、これからすずにとっても、そしてもちろん径子にとっても、辛い毎日が始まってしまいますね。

 

これまでほんわかとした雰囲気を楽しんでいた視聴者も、ここらで向き合い方を変えざるを得ないのかも知れませんね。
他の評価ですが、松坂桃李さん演じる周作が、すずさんを後ろから抱きしめるところも、かなり評価が高かったですね♪

 

「お前と一緒に生きていきたい」と言われたい人多数ですね♪

 

また、毎回出てくるたびに話題になりますが、二階堂ふみさん演じるリンの「美しさ」に魅了される視聴者が多かったです。

 

二階堂さん、本当に着物が似合いますよね。

 

 

 

やはり「ラストの展開」に衝撃を受ける人多数。

 

IMARIC20160805310323_TP_V

 

6話の前半では、まだホンワカした印象のドラマだったのですが、やはりみなさん話題にしているのが「ラスト」の展開。

戦争なので、これまでもいろんなところで起きていることなのですが、それが「すず」の身近で起きてしまいます。

 

「息子が寝ている間に家事しながら「この世界の片隅に」を観たけれど···衝撃過ぎて辛すぎて···こんな月曜日の朝をどうしたら」

「『この世界の片隅に』6話は辛すぎでしたね。知ってただけにそれまでの晴美ちゃんの表情や家族のやりとりが辛くて悲しい。

「この世界の片隅に…次回は泣くな…辛すぎる終わり方だった、、」

「この世界の片隅にはもう晴美さんのところで来てしまったかという気持ち、みたいけどみたくない…

「今「この世界の片隅に」見てたけど話知っとるから今日のはやばかったなぁ…見るの結構疲れるし、次回冒頭から号泣確実だわ」

 

ちなみに、来週の放送はお休みなので、この宙ぶらりんの状態のまま再来週まで放送はお預けです・・・。

 

 

ドラマ『この世界の片隅に』6話の感想

kansou

筆者も見てみました!

原作の漫画をしっかり読んだ人間なので、正直「この後」に来る展開を知っているので、気が重かったですね。

戦争のことを描いているのに、結構ほっこりとさせてくれるところの多いこの作品なので油断してましたけど、これが現実なんだなあと、改めて感じました。

正直「楽しみ♪」という展開ではありませんが、きちんと今後の展開も見届けようと思います。

 

 

『この世界の片隅に』第7話のあらすじ・・・。

konosekaino7wa

出典:http://www.tbs.co.jp/konoseka_tbs/story/

すず(松本穂香)が目を覚ますと、そこは北條家だった。全身包帯だらけで身体は動かない。まだ夢を見ているようだ。しばらくたち、すずは現実を理解し始める。防空壕を出たところで不発弾の爆発に遭ったのだ。すずは、底知れぬ絶望と悲しみに襲われ…。

数日後、呉中が空襲に遭い、北條家の周辺も焼夷弾の被害に。そんな中、戦局の変化で訓練が中止になった周作(松坂桃李)が家に帰ってきた。周作はすずを労うが、夫の顔を見て緊張がゆるんだすずは倒れてしまう。

出典:http://www.tbs.co.jp/konoseka_tbs/story/

ケガをしてしまうすずさんですが、自分の置かれた現実に直面して、ショックを受けます。次回は見るのがつらくなりそうですね・・。

 

 

まとめ

matome

今回はドラマ『この世界の片隅に』第6話の評価評判・感想をまとめてみました。

 

次回は一回休みで、次の放送は9月2日になります。

 

ただ、観たいような見たくないような・・・。結局見ちゃうんですけどね・・・。松本穂香さんの演技にも注目の回になりそうですね。
というわけで今回はここまで!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ドラマこの世界の片隅に主演すず役、のんと松本穂香どっちがいい?

ドラマ『この世界の片隅に』主演すず役松本穂香ってどんな人?

 


スポンサードリンク