ディズニー

ドラマ『マンダロリアン』あらすじと時系列!配信はいつどこで?

うさぎ♪

こんにちはうさぎ♪です。

スターウォーズが「ディズニー」になってから、スピンオフや外伝もの、そして新しい「本シリーズ」など、新作が目白押しですね。

今まで好きだった人にとってはこの「ディズニー流」の展開の早い作品提供に戸惑っている人もいるかも知れませんが、どんな作品であれ、新しい作品が見られるのはうれしいですよね・・。

さて今回取り上げたいのは、スターウオーズの「連続ドラマ」である「マンダロリアン(仮)」について。

なんと主人公が人気キャラクター「ボバフェット」の属する「マンダロア人」らしいのですが、

ボバフェットの着ているアーマーが「マンダロア・アーマー」なので、見た目は「ボバフェット」と同じような人が主人公になりそうです。

あのアーマーかっこいいので、いいですね。燃えますね。

というわけで今回は

ドラマ『マンダロリアン』のあらすじと、

スターウォーズシリーズにおいて「どのあたりの時代の」作品なのか、

そしてドラマの配信時期と場所を見ていきたいと思います!

 

ドラマ『マンダロリアン』あらすじと時系列は?

ではさっそく見ていきましょう!

このドラマの監督は、映画『アイアンマン』など、マーベル作品に多大な影響を残している名監督、そして俳優もやるので見たことのある人も多いであろう、ジョン・ファヴローさん。

ジョン・ファヴロー監督が、このドラマ作品『マンダロリアン』の内容に対してインスタグラムで触れていました。

View this post on Instagram

 

#starwars #TheMandalorian

Jon Favreauさん(@jonfavreau)がシェアした投稿 –

ザ・マンダロリアン

ジャンゴとボバ・フェットの物語の後、スター・ウォーズの宇宙に新たな戦士が姿を現す。『ザ・マンダロリアン』は帝国の崩壊の後、ファース・オーダーが台頭する前の時代に、新共和国の力の及ばぬ銀河の果てで苦闘する一人のガンマンの足跡を追う。

出典:https://www.gizmodo.jp/2018/10/sw-the-mandarorian.html

そしてこちらが、『マンダロリアン』で最初に公開された画像。

おそらくですが、これが「主人公」のビジュアルになると思われます。

さて、ジョン・ファブローさんの説明によると、

『ザ・マンダロリアン』は帝国の崩壊の後、ファース・オーダーが台頭する前の時代に、新共和国の力の及ばぬ銀河の果てで苦闘する一人のガンマンの足跡を追う。

つまり、スターウォーズの映画のナンバリングでいうと

エピソード6からエピソード7の間の物語!

ということになりそうです。

とりあえず、あらすじらしいあらすじはまだ公表されていませんが、銀河の果てで「マンダロリアン」である主人公のガンマンが活躍するお話になりそうです・・・。

 

ドラマ『マンダロリアン』配信される時期はいつ?どこで?場所は?

さて、ドラマ『マンダロリアン』ですが、いつ配信される予定になっているのでしょうか・・・。

スターウォーズシリーズの「実写ドラマ」ですし、なにせ主人公が「マンダロリアン」ということで、かなり期待している人多いと思いますからね♪

実は、このドラマ『マンダロリアン』ですが、

ディズニーが新しく始める「動画配信サービス」の目玉コンテンツになるのでは?

といううわさが立っております。

「ディズニーのはじめる動画配信サービス」、ですが、現時点では「ディズニー・プレイ」と呼ばれているみたいです(現時点では仮称)。

この「ディズニー・プレイ」が開始されるのは、おそらく

2019年の秋から末にかけて

だと言われています。

なので、このドラマ『マンダロリアン』も、

2019年の末ごろに配信が開始されると思われます。

なので、ドラマ『マンダロリアン』の配信される時期は2019年秋から末にかけて。

そして配信される場所は、ディズニーが新たに始める動画配信サービス「ディズニー・プレイ」の独占コンテンツになりそうです。

ちなみに、この「ディズニープレイ」に関しても、いろいろと調べてみました。

ディズニーの動画配信サービスの開始時期や料金と配信作品は?

どうやら料金的には「ネットフリックスよりも安くしたい」らしいです。だとしたらすごくありがたいんですけどね・・・。

 

まとめ

今回はスターウォーズのドラマ『マンダロリアン』のあらすじと時系列、そして配信される時期と場所について見てみました。

まだまだ情報のすくないドラマ『マンダロリアン』ですが、大体あと1年くらいで見られると思うと、あっという間にやってきそうな気がします。

楽しみですね。

というわけで今回はここまで!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!