2019冬ドラマ

ドラマトレース科捜研の男がつまらない?BGMと船越さんがうるさい!

うさぎ♪

こんにちはうさぎ♪です。

2019年1月からフジテレビ『月9』枠で始まったドラマ『トレース科捜研の男』

主演に錦戸亮さん、新木優子さん、そのほか船越英一郎さんや小雪さんなど豪華なキャストを迎えたドラマ作品。

原作の評価もいいのですが、実写ドラマ化された今作は『つまらない』と一部から酷評されているみたいです・・。

個人的には面白いと思って見ているので、すごく意外というか・・。どんなところが「つまらない」と言われているのか、見てみようと思います。


スポンサードリンク

ドラマ『トレース科捜研の男』がつまらない?

さて、このドラマ『トレース科捜研の男』ですが、どのあたりが「つまらない」と評価されているのでしょうか?

意見が多いものをそれぞれ見てみようと思います。

 

ドラマ『トレース科捜研の男』がつまらない?重いし暗い・・。

このドラマ、沢口靖子さん主演の『科捜研の女』とタイトルはちょっと似ていますが、

ドラマ全体の雰囲気は大分違っていて、こっちは「重い」「暗い」という雰囲気です。

「生々しいグロい映像、重たい話。うるさくて物に当たる船越、暗く存在感のない主役・・・月曜の夜から首吊り映像とかやめて~なんだか嫌な気分になるので脱落です」

「週始めの明るい気分になりたい夜なのに、最悪なゲログロい気分になりたい人向けのドラマです。」

「特殊な方々向け。以前、ストロベリーナントカという刑事ものがあったな。本当の悪は警察内部にあり、主人公とその取り巻き以外は馬鹿か腹黒い連中ばかりで起きる事件はエログロ。」

他にも「アンナチュラルっぽい」とも言われますが、今回の「トレース」はさらに暗くて重いと言われているので、月曜日の夜から暗すぎる!と評価されているんですね。

まあ、確かに暗いですし重いですが・・・。新木優子さんのところは結構ホッとできるんですけどね・・・。

 

ドラマ『トレース科捜研の男』がつまらない?ツッコミどころ多い!

結構多い意見のなかに「ツッコミどころが多い!」というものがあります。

「つっこみどころが多すぎ、残業して、ボロボロなのにお化粧バッチリの新人とか、現場であとから折り鶴見つけるとか、なんだか笑っちゃいました。錦戸さんがやってる役の秘密は気になりますが、次は見ないかなぁ」

「突っ込みどころがあり過ぎて、もうちゃんと観れない… 」

「現場で科捜研のスタッフがワインラック倒したり、刑事が家宅捜査を素手でしてたりはやめて欲しい。レベル低すぎる。」

「しかし虎丸さんの違法捜査っぷりがあまりにぶっ飛びすぎててツッコミどころ満載」

2話では、船越英一郎さん演じる虎丸さんの「違法すぎる」捜査にツッコミが集中していましたが、医療関係者からのツッコミも多数あるみたい。

ただその「ツッコミ」を楽しんでいる人は、楽しめるドラマであると言えます。

ドラマではよく「ツッコミどころが・・」という意見は多く出てきますが、このドラマではより「目立つ」ということなんでしょうね。

うーん、そうなんでしょうか、個人的には気にならなかったですが、知識がなさすぎるからなのか?


スポンサードリンク


ドラマ『トレース科捜研の男』がつまらない?やっぱり船越さんがうるさい!

これはドラマ1話から多くの方に言われていたことですが、2話も相変わらず船越さん演じる虎丸刑事がうるさかったみたいです。

「他の方の感想にもありますが、船越の演技が大げさで鬱陶しくて仕方ない。その他のキャストやストーリーは楽しめるだけに、本当にもったいない。」

「しかしあの船越、絶対精神が崩壊している。この頃の公務員は特にお巡りさんは超が付くくらい優しい。あんな人見たら病院に行けと言うな、ヒステリーだもの。あれで捜査出来るはずがない、結局今回も途中下車。」

「1話で船越さんウザすぎて録画予約消したのに家人に付き合って2話も見ました。相変わらず虎丸が五月蠅すぎてほんと無理」

今時?と思うくらいのパワハラは雰囲気の船越さんですが、声がうるさいだけでなく、今までの自分のやり方に執着したり、やたらと上から目線だったり、違法な捜査をバシバシしていたりと、とにかくこのドラマの「不評」を一心に背負っている印象です。

もしかして「船越さんが矢面に立って、何かを守っているのか?」とおもえてしまうくらい、とにかく評判悪いです・・。

船越英一郎さんがうるさいのは、本当に同意します。しかも「俺は今までこのやり方でホシを挙げてきたんだ!」という意見ものすごくウザいので、これは今すぐにでも変えてもらいたい(笑)

でも、時々かわいい素顔も出てきたりしていたので、そのうち静かになると思いますが・・・。

 

ドラマ『トレース科捜研の男』がつまらない?:BGMうるさい!音量がでかい!

BGMに関しても1話から賛否ありました。

『失恋ショコラティエ』でもBGMを担当していた方がされていますが、こちらは好きな人とダメな人両方いるみたいです。

ただ「音量がでかすぎる!」というそれ以前の問題もあるみたいですが。

「船越さんの演技とBGMが耳障りで集中出来ない」

「あんまりBGMとか気にしてなかったけど、無意識的に音楽良いなと思ってたドラマだから怖い!Ken Araiさん素晴らしすぎる」

「新ドラマ『トレース』のbgm好きだな」

「トレース見てたけど、BGMでかすぎて見るのやめた。クラブでドラマ見てんちゃうぞ。ミキサーはBGMの音量もうちょいしぼりなさい。」

「トレースっていうドラマ錦戸くんかっこいいんだけどBGMの音量大きすぎると思うの。寝てた猫がハッとして起きるの(´・ ・`)」

結構音量がでかいという評価は多いです。初歩的なミスなのかそれとも狙っているのか、3話目くらいからはっきりしてくると思います。

BGMがいい!という人も多いので、そのあたり残念ですね。


スポンサードリンク


ドラマ『トレース科捜研の男』がつまらない?:全体的に見てみると・・・。

ドラマ『トレース科捜研の男』がつまらないと言っている人の意見を全体的に見てみると、

・船越英一郎さんがうるさい
・あり得ない設定、ツッコミどころが多すぎる!
・暗いし、重い。

というものでした。

船越さんがうるさい、パワハラ上司が本当にウザいという意見は1話からずっとありました。2話でちょっと良くなっているかと思いきや、まだまだそのうるささは健在みたいでした。

お話が進むにつれてだんだんとマシになっていくとは思うのですが、やはりうるさい人は現実でもテレビでも嫌われるということなんでしょうね。

あと、ドラマではよくあることですが「ツッコミどころが多すぎる!」というもの。

ドラマの舞台が「科捜研」ということも影響していると思うのですが、とにかく「こんなのありえない!」という評価感想が多いです。

こういうドラマって、細かい証拠や事実を扱っているだけに、あり得ないことがあると醒めてしまうんですよね・・。

誰も、深田恭子さん主演の「初めて恋をした日に読む話」を見て「こんなのあり得ない!」と怒らないですからね・・。

あとは、月曜日の夜に見るには、あまりにも重いという意見。

このドラマ「アンナチュラルっぽい」とよく言われていますが、コメディっぽいシーンもアンナチュラルより少なめなので、見るのにちょっと体力はいるかも知れません。

月曜日の夜には、向いてないかも知れませんね。

あと多かったのが、「ドラマは面白いんだけど・・」という意見が多いのも目立ちました。ドラマは面白いのに船越英一郎さんがうるさい。ドラマは面白いんだけどBGMがうるさい!などなど、全体的には評価が「高め」なのがすごくもったいないところですね。


スポンサードリンク


まとめ

今回はドラマ『トレース科捜研の男』がつまらないと言われているその不評なポイントを見てみました。

こうやって「不評」「酷評」「つまらない」と言っている人の意見って、時どき適格だったりするので参考になりますね。

さてさて、いろいろと「うるさい」と言われているドラマ『トレース』ですが、今後、船越英一郎さんは静かになるのか、BGMの音量はちゃんと調整されるのか、そのあたりを見ていこうと思います。

トレース科捜研の男視聴率と評価感想!アンナチュラルっぽい?

というわけで今回はここまで!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!


スポンサードリンク