昼ドラ『嵐の涙』第9話のあらすじ、ネタバレ、感想!大造のピンチ!!

この記事は5分で読めます

arasitaitol

昼ドラ『嵐の涙』第9話のあらすじ、ネタバレ、感想!大造のピンチ!!

こんにちはうさぎです。

IMG_2770

今回もはじまりました『30代男(既婚)に昼ドラ体験記』今回でもう9回目!!ドラマ『嵐の涙』はおそらく2ヶ月間ほど続くと思われるので、まだ半分もストーリーは進んでいないと言うことで、これからどんな展開を見せるのか、ワクワクドキドキですね。

主演の佐藤江梨子さんの演技についてもいろいろ意見があるようですが、私は擁護派です。

サトエリ(佐藤江梨子)の演技下手?最後の昼ドラ『嵐の涙』の感想が・・・。

前回の8話のあらすじ、ネタバレ、感想はこちらにまとめてありますので、よろしければどうぞ。

昼ドラ『嵐の涙』第8話のあらすじ、ネタバレ、感想!まきと里子の共通点。

全体の相関図などはこちらから。あわせてお楽しみください。

サトエリ主演『嵐の涙』出演者・ストーリーまとめ!相関図など。

 

 

昼ドラ『嵐の涙』第9話のあらすじ、ネタバレ。

a0055_000853

では早速いきましょう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

里子、まきと語り合う。

里子、まきに謝りに行くところでスタート!!

里子は自分の本当の娘、春子と10年ぶりの再会を果たしましたが、あまり良くない再会になってしまいましたね・・。

 

枝川家でまきと里子また対面。

先日のことを謝った里子。まきも感情的になってしまいすまなかったと謝る。

里子は、「むすめのすみれさんには嫌われてしまった」とまきに話してますが、おい里子!そいつは自分の娘だよ!って気づけるわけないんですけどね・・。

里子、まきに「だんなさんはどんな人?」と質問。

ぜひ一度お会いしたいと言ってます。もうちょっと先にしてくれないかな・・。幸せが壊れてしまうからねえ・・。

娘のすみれ、私立の学校に通っているらしいですが、絵が、得意らしいです。父親に似てね。

 

大造ピンチ!!太田原さん現る!

場面変わって大造のお部屋。

秘書兼家政婦の照(てる)がすごいことを言いますよ♪

「アメリカから太田原さまがお見えになりました・・」

うろたえる大造!

これはずっとこのドラマを見ているとよ~く分かりますが、この太田原さん、娘のまきと結婚する”はず”だった本物の藤塚さんを大造に紹介した太田原夫人の夫。つまり、本物の”剛太郎”を知る、数少ない人物の一人!

本物の藤塚さんはすでに第3話の時点で大造に土の中に埋められてしまってますから、当然大造はうろたえます。

詳しくは第3話のあらすじへ!個人的には第3話大好き!楽しい!!

昼ドラ『嵐の涙』第3話のあらすじ・ネタバレ・感想!いよいよ物語が動きます!!

さ~てどうなるどうなる?どうこのピンチをかわすのか?

音楽も、大造の心の動揺を表現するような、不安をあおるようなピアノです。うひょ~~。

まきの就任パーティーのために来てくれたみたいですが、どうせ来るなら連絡をくれよと大造は心の中で思っているに違いない。

ここで太田原さん、大造にとってももっとも言ってほしくない言葉を発します。

「剛太郎君はどこですか、剛太郎君にお会いしたい」

うろたえる大造。そうですね。本物の剛太郎さんはもう第3話の時点で大造が大きな穴を掘って地面に埋めていますから。そこから10年たってますから、もう骨です。骨。

さあ、どう切り抜ける?

とりあえず太田原さん、いろいろと忙しそうだったので今回は大丈夫みたいですが、まきの就任パーティーまでは日本にいる、そして近いうちにみんなでお食事でも?と言う提案をいただいてしまいました。

大変だ~、大変だぞう~大造!このピンチを乗り切るために、また大きな犯罪を繰り返さないでほしいものです。

まずい、まずいぞう!

 

顔のない絵・・・。

場面変わって、里子とまきの会話。

まき、学校で描いたらしい、すみれの絵を持ってきます・・。一見すると家族3人の絵に見えるんだけど、なんとその絵には3人とも「顔」が描かれてない。3人とものっぺらぼうな絵です。

すみれ、いくら母親の目が見えないからって、これはメッセージ性ありすぎだろう。正直すぎるだろう。お父さんだって見るんだよ?すみれの抱える、こころのもやもやを隠さずストレートに表現した絵。まさに芸術。

すみれも、心のどこかで「分かってほしい」というメッセージを発してるんでしょうか・・。

母親であるまきも、この「顔が描かれていない」と言うことは知っていたらしいのですが、すみれには「デザインだから」とやんわりごまかされたと言う話。

まきも、「腑に落ちない」という気持ちだったと言うことです。

そこでまき、このことを母親としてどう思うか聞いてみたいと言ってます。

まきは、里子が夫を事故で亡くしていることを知っています。そして、こんな質問を投げかけてきます。

「もし、その事故で旦那さんだけでなく、娘さんも亡くしていたら、あなたはどうしましたか?私だったら、生きていけないわ・・」

おい~、ついてくるね~えぐいねえぐいね♪

そしてなぜそんなことを聞く!おい!

「子供を失う気持ちだけは、絶対に味わいたくないわ・・」こいつ知ってて言ってるんじゃないだろうな?む~ん・・・。

ここで里子、つい耐え切れずに質問してしまいます。

「まきさんは、旦那と娘を同時に失っても、それでも生きていかなくちゃならない人がいるって、想像したことがありますか?」

つい口をついて出てしまった里子の言葉。この言葉にまきは動揺します。

里子は耐え切れず、連絡先を置いてその場を後にします。

まき、里子にはまだ、自分に明かしてない大きな秘密があるんじゃないかと、思い始めます。

 

宮崎さん、茶碗を作り始める。

場面変わって宮崎工房。

焼き物に挑戦している宮崎さん。なかなか上手くいきません。ダメな焼き物を次々と割っていきます、春子も手伝います。

春子にからむコミカルなシーンが唯一の救いですね、このドラマ・・。

しかし、その平和な幸福も、いつまで続くのやら・・・。

宮崎さんも、かなり前向きにスランプ脱出に向けてがんばってます。

でも、妥協は絶対に出来ない。

宮崎さん、戦ってますね。

 

太田原さんの「取り戻したいもの」

さて、場面はまた変わりまして、太田和さんとまきが対面。大丈夫かな?大丈夫かな?

二人は初対面だね。

おおたわらさん、まだ剛太郎さんを探してます。どうしても会いたいみたいですね。

そして太田原さん、気になることを

「剛太郎さんに会って、取り戻したいものがある」と言ってます!!

何だろう!何だろう!何だろう!!!!

第3話にも出てきますけど、本物の藤塚剛太郎さん、親の資産を継いだはいいものの、慈善事業に失敗して10億円の借金がありましたから、ひょっとしたらそのあたりのお金とか、その辺のことなんじゃないだろうか・・。あ~怖い。

 

剛太郎、ロンドンへ?

ここで、剛太郎さんが大造に至急ロンドンに出張したいと言ってきます。

ヨーロッパの枝川会に不正な会計があるということらしい・・。

おお?また渡りに船ですね大造さん!太田原さんとあわせないためには、とっても好都合!!

ここで大造さん、剛太郎にまだ記憶が戻らないことを確認。太田原さんのことについて聞くが、何も思い出せないという。

大造さんの心労は、まだまだ終わりません。

 

常滑焼100個をどうしよう!!

場面は、枝川家の食卓。

まきは大田原さんが尋ねてきたことを話します。太田原さんは、まきと剛太郎の間を取り持ってくれた人なんだとすみれに素爪井すると、すみれは無邪気にも「では、その太田原さんがいなかったら、わたしは生まれていなかったのですね!」

って違うんだよすみれ・・。

すみれ以外の3人は、そのことを知っているからなんだか切ないね・・。

それにしても、太田原さんの言う「取り戻したいもの」って何だろう・・。

剛太郎さん、ロンドン出張を急ぎたいみたいだけど、はやく行かないと全部ばれちゃうぞ~。

意外と大造さん、落ち着いてるな・・。

と、ここで問題発生!

枝川流、葉山流の春の合同茶会で配るみやげ物が葉山流のミスで発注がされていなかったとこのこと!

葉山流、嫌がらせをしてきましたよう!!

常滑焼、手作り、オリジナルで100個。

さあて、どこにたのんだらいいかな?

ここでまき、宮崎工房の招き猫はどうかと提案。やっぱりそう来たか!!常滑焼なら、招き猫でもいいのだろうか・・。どうしてそこまで常滑焼にこだわる・・。まあいいや。

こりゃたいへんだぞう!

 

まき、宮崎工房へ!!

まき、その日のうちに里子に会いに行き、招き猫100個をたのみます。娘も連れてます。

宮崎先生。9日後までに100個の招き猫を用立ててほしいと、里子とまきの美女二人にたのまれて非常に困りました。

さて、どうするどうする?

と、このあたりで第8話終了。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お疲れ様でした。

次回の予告では、どうやら招き猫100個をみんなで協力して作るみたい。

そしてついに、太田原さんに剛太郎の正体がばれてしまうぞう!!

おもしろくなってきた(笑)

 

 

 

『嵐の涙』第8話の感想。

a0055_000251

里子とまき、頤の過去にだんだんと踏み込んだ会話をするようになってきました。おたがい共通する点が多いとは思ってるけど、まさかまき、旦那と子供が目の前の里子の”死んだはずの”旦那と子供だとは夢にも思っていないでしょうな・・。

そして、太田原さんの”剛太郎から取り戻したいもの”とは一体・・。

次回はどうやら剛太郎の正体がばれそうですな、そのあたりを大造さん、どうごまかすんだろう。

まさか太田原さんを土に埋めるわけにも行かないだろうからなあ・・。

招き猫100個の件で急速に近づく里子一家とまき一家。

なんか、毎回ハラハラしてるような気が・・。

さすがだなあ、昼ドラは・・。ゆるくない。

 

まとめ

rp_a0001_0176233-300x200.jpg

展開がどんどん面白い方向へ行ってくれてありがたいです。こうやって感想を書くのもとても楽しいです。

大造が太田原さんをどう切り抜けるのか、みどころですね♪

昼ドラ『嵐の涙』第10話のあらすじ、ネタバレ、感想!招き猫作り開始!!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. iPhone7katate_TP_V
  2. FF14-6-1024x637
  3. BIS151026193472_TP_V
  4. a0001_017623
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。