ゲーム

ゲームRAGE2(レイジ2)まとめ!マルチプレイや日本語フルボイスは?

うさぎ♪

こんにちはうさぎ♪です。

2019年5月14日に発売されるゲーム『RAGE2(レイジ2)』

1作目は2011年に発売されていますが、前作の基本的なところは残しつつ、大体にリニューアルされる続編の「RAGE2」

一体どんなゲームになっているのか、いろいろまとめてみたいと思います。

<5月14日更新>

いよいよ海外で発売が開始された『RAGE2(レイジ2)』

海外でのレビューが上がってきましたので、さっそくまとめてみました!面白いけど・・。なんだか微妙な評価でした。面白いだけどね・・。

RAGE2(レイジ2)評価感想まとめ!バトルは面白いがミッション退屈?


スポンサードリンク

ゲームRAGE2(レイジ2)詳細情報

RAGE2(レイジ2)

発売日:2019年5月14日(火)

ジャンル:FPSアクションアドベンチャー

発売元:ベセスダ・ソフトワークス

開発:Avalanche Studios

プラットフォーム:PS4、XBOXONE、PC

1作目は2011年にリリースされています。

とりあえず、今作のあらすじというか世界観を見てみましょう。

前作との関連や違いはどのようになっているんでしょうか?

「RAGE 2」では,前作の「オーソリティ戦争」が終結して30年後,2165年の時代を描くものとなる。試遊版では導入部分のシーンなどがカットされていたため詳細は分からないが,プレイヤーはウェイストランドと呼ばれる,砂漠が広がる地域の秩序を長らく守ってきたレンジャーの最後の生き残り,アラン・ウォーカーとして,さらに強大になったオーソリティと戦っていく。彼はオーソリティのために愛する者を失っており,その怒り(Rage)を暴力が支配する世界にぶちまけていくのだ。
出典:https://www.4gamer.net/games/419/G041949/20190130092/

前作から「30年」経過しているので主人公は1作目とは違う人物になっている様子。

ただ世界は一緒なので、1に登場したキャラクターなども登場するみたいです。

1作目では、小惑星が地球に衝突してめちゃくちゃになった世界が舞台のいわゆる「ポストアポカリプス」な世界観でしたが、そのわずか30年後ということで、同じような雰囲気の世界が舞台になります。

そして、戦う相手も1作目と同様「オーソリティー」という集団。愛するものを失った主人公が、敵に怒りをぶつけながら戦います。


スポンサードリンク


世界がカラフルになってる?

1作目と見比べてみるとわかるのですが、1作目と2作目、全然「派手さ」が違いますよね。正直別のゲームかと思いました。

RAGE1作目

RAGE2

1作目のダークな雰囲気から一転、かなり「派手」で「パンク」な印象に変わりましたね。

実は今回、実際に開発を行っているのが『ジャストコーズシリーズ』『マッドマックス』などを手掛けている「Avalanche Studios」

前作は「DOOM」などを手掛けている「id Software」でした。

あと、カラフルなのは最近の流行りみたいですね。ダークな印象よりも、派手でハチャメチャな見た目が好まれる時代になってきているみたいですね。

一見したら「ファークライニュードーン」かと思ました。

今作から「オープンワールド」になっていて乗り物もバギーだけでなく、飛行する乗り物を使用できるみたいです。それに、カスタマイズもできる様子。


スポンサードリンク


rage2は他の作品と何が違うの?

さて、数あるFPSアクションですが、この『RAGE2』はいったい何が違うんでしょうか?

特徴を挙げてみると以下の通り。

・舞台は荒廃した「マッドマックス」や「北斗の拳」みたいな世界

・オープンワールド(ジャストコーズ3、4ほどは大きくない様子です)

・武器が個性的。派手、デカい。

・武器だけでなく、いろんな「スキル」があり、それぞれのスキルをレベルアップさせることで、RPG的な要素もある。

・敵は人間だけでなく、巨大なミュータント、メカなども存在する。

・レースゲーム的な要素もある。

などなど。とにかく荒廃した世界を舞台に、あらゆる「スキル」を使いこなして、敵をバッタバッタとなぎ倒す爽快感の強いゲームです。

 

動画を見ていたら、敵を自動で追尾してくれるミサイルみたいな武器屋、敵を一転に集めることができる武器なども存在するようです。

そして何より特徴的なのが、「スキル」の存在ですね。一例を挙げると・・。

シャッター・敵を吹き飛ばす能力

ボルテックス・敵を吸引して打ち上げる能力

バリア・目の前にバリアを作る

スラム・急降下し、その衝撃波で敵を吹き飛ばす

そのほか、一瞬宙に浮いたりだとかダッシュできたりだとか、いろんなスキルがあるみたいです。このスキルを駆使しての戦闘が、『RAGE』のユニークなポイントですね。

動画を見ていると、バトルがとにかく楽しそうですからね・

これは動画を見たほうが早いのですが、敵を吹き飛ばしたり、打ち上げたり、打ち上げたらそこにミサイルをぶち込んだり、ジャンプして着地して敵を吹き飛ばしたり、などなど本当に楽しそうです。

敵も人間だけでなく、いろんなガラクタを組み合わせたようなパワードスーツ的なものも出てきますし、巨大な「ミュータント」も出現してくるのでバトルの爽快さや派手さがかなり特徴的なゲームに仕上がっているみたいですね。

開発元が「ジャストコーズ」と同じですが、それと同じ匂いのするゲームですね。

舞台が「ポストアポカリプス」な、ド派手ハチャメチャFPSという印象です。


スポンサードリンク


RAGE一作目の簡単な評価まとめ

大きく使用が変わると言っても、ゲームそのものの「エッセンス」を変えてしまったらそもそも続編である必要がないので、

前作の評価感想を簡単にまとめてみました。

「戦闘や探索はとても楽しいと感じたが、レースが結構メインすぎてレースゲームが苦手な方や興味ない方は萎えるかも・・・。」

「レーシングなどの要素もありますがこのゲームで一番気に入ったのはシューティングとしてのシステムです。

「世界観の設定が凄く良い、キャラクターデザインも良いし、声も合ってます。敵に使用するアイテムも凝っていて面白いです。

あまり記憶に残らないストーリーです。ちなみに一番心に突き刺さったゲームはラストオブアスですが(笑) でも、1つのFPSゲームソフトとしては良いのではないかと自分は思います。ストーリは長く、武器もそこそこの種類、それのアタッチメントもある程度はあります(レーザーサイトなど)。若干のホラー的要素があるのも僕は好きでした。」

全体的な評価感想をまとめてみると、グラフィックはすごくキレイでヌルヌル動くのが高評価。

今回の『RAGE2』も、60fps固定みたいですから、おそらく「ヌルヌル具合」は継続してヌルヌルだと思われます。いいですね。

あとは、攻撃にバリエーションや爽快感に関してはいい評価です。この要素は引き継がれそうですね。

逆に良くない評価としては、バトルはあるけど、レースが多すぎる。今回の『RAGE2』でもレース要素はありそうですが、どのくらいのボリュームになるんでしょうね。車を使ったミッションなどもたくさんありそうですね。

あとは、シューティングの爽快感がメインなためか「ストーリーが薄くないか?」という評価もありました。

1作目の『RAGE』はこんな感じの評価でした。2作目ではあえて「マルチプレイ」を排してシングルプレイでの楽しさを追及してあるみたいなので、バトルに関してはさらにブラッシュアップされていそうですね。

 

RAGE2(レイジ2)のマルチプレイはある?

さて、気になったのですが今作の『RAGE2』では、マルチプレイはあるのでしょうか?

どうやら今回の『RAGE2』はシングルプレイヤーのみのゲームとなる様子です。

シングルプレイ専用タイトルとなった「RAGE 2」は,FPSジャンルを確立させたid Softwareのゲームとしてのルーツを失わないようにしつつ,Avalanche Studiosらしいハチャメチャなプレイを取り入れた,長く楽しめるゲームとして完成しつつあるようだ。
出典:https://www.4gamer.net/games/419/G041949/20190130092/

前作では存在したマルチプレイヤーでしたが、今回は一切マルチの要素はなくなったようすです。

その理由としては・・・。

“We feel like we’re delivering enough value for what players get,” Tim Willits, studio director of id Software, told VG247. “We can have enough dynamic systems and deliver enough content and focus on the best things about the game.

“You can do anything, you just can’t do everything. So we focused on what works best for us,” he said. What works best is purely single-player.

つまり、プレイヤーに十分にこのゲームを楽しんでもらおうと思ったら、シングルプレイヤーが適しているという結論になった!

という至極まっとうな理由からの、マルチプレイ除外となったわけですね。

最近、あえて「シングルプレイヤー」というゲームも増え始めていますが、何でもかんでもマルチを導入してしまうと、他のゲームとの差別化も図れなくなってしまいそうですからね。

ただ、楽しみにしていた人は結構いて・・・。

「Coopやりたいの、分かります(*´Д`)Rage2 も面白そうだけどcoopないかもと聞いてがっかり」

「RAGE2はCOOP無いのか…」

残念ながらRAGE2ではシングルプレイヤーのみとなります。


スポンサードリンク


RAGE2日本語はフルボイスで対応してくれる?

さて、今回の『RAGE2』ですが、1作目とは異なり主人公がフルボイスで「しゃべる」みたいなんです。まあ、それがいいかどうかは別として、とにかくしゃべるらしいのですが、

問題はどこまで「日本語化」してくれるかが問題ですよね。

こういったシューティングの場合、敵をやっつけるのに忙しくて字幕を読んでいる暇が全然ないということは往々にしてありますので、その辺気になりますが・・。

ちなみに「日本語化」問題ですが、ベセスダ日本の公式ツイッターにて発表されていました。

今年の新作RAGE2の日本語版は、音声含めてフルローカライズで準備中です!北米版の発売日(2019年5月14日)とそう離れずにリリースできるよう努めます。

ということは、フルボイスの主人公にも、日本語が付くということになりそうですね。

これで一段と遊びやすくなりそうです。ますます楽しみになってきましたね。

<5月2日更新>

日本版ローカライズの発売日の発表が待たれていましたが、

2019年6月6日に決定しました!

本場の発売日からちょっと離れてしまいますけど、それでも完全日本語化にしてくれるのはうれしいですよね。楽しみですね。

 


スポンサードリンク


まとめ

今回は2019年5月14日に発売するゲーム『RAGE2』についてまとめてみました。

ゲームとしては、マッドマックスみたいな世界で、いろんなド派手な技を駆使して敵をなぎ倒す爽快なゲームみたいですが、こういった世界観が好きで、なおかつド派手でサクサク遊べるアクションが欲しい人にはピッタリのゲームになりそうですね。

数あるFPSの中でも爽快感が高いのは間違いなさそうですね。

というわ声で今回はここまで!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


スポンサードリンク