2019冬ドラマ

トレース科捜研の男はパクリで炎上商法か?原作漫画はアンナチュラルっぽい?

うさぎ♪

こんにちはうさぎ♪です。

2019年1月にフジテレビの月曜日21時、いわゆる「月9」枠で放送される

ドラマ『トレース科捜研の男』

主演に錦戸亮さんが、新木優子さん、そして船越英一郎さんと、キャストもかなり豪華ですけど、問題はその「タイトル」ですね・・。

明らかにテレビ朝日の人気ドラマシリーズを「もじった」タイトルですが、みなさんの評価としては「パクリじゃん!」と軽く炎上しています。

というわけで今回はこのドラマ『トレース科捜研の男』のタイトルはパクリなのか、そして原作の内容まで見ていきたいと思います。

タイトルは似てますが、内容的にはどうなんでしょうか?

 

ドラマトレース科捜研の男はパクリ?

さて、このドラマ『ドラマトレース科捜研の男』、タイトルが、明らかにテレビ朝日の人気ドラマシリーズ『科捜研の女』を意識したタイトルになっていますね。

このタイトルが発表されて、みなさんの反応を見てみましょう!

「本家丸パクリのタイトルにするとは驚きです。フジテレビは完全に迷走中か?」

「テレ朝の科捜研の女に対して→フジ月9の科捜研の男 。えっ大丈夫って思ったけど、フジのリーガルハイ→テレ朝のリーガルV。テレビ局でパクリ合戦してる。」

パクリ通り越しちゃってるけどいいのかしら?ww 船越英一郎までいっちゃってるしww」

「なんで原作まんまの副題じゃいけなかったんだろう…これじゃ科捜研の女のパクリって言われてもしゃーないわ

そりゃまあ、タイトルがここまで似ていたら、内容まで「パクリなの?」と心配になる気持ちはわかりますね。

というか、ここまでタイトルが似ていると「パクリ」というよりは、もっと先に進んだ「炎上商法なんでしょ?」という勘ぐりまで発展してしまってます。

 

ドラマトレース科捜研の男はパクリを通り越して炎上商法?

ドラマトレース科捜研の男ですが、ここまでタイトルが似ていると、もはや「パクリ」を通り越して「炎上商法か!」とまでいわれています。

「「トレース 科捜研法医研究員の追想」略して科捜研の男はアレだと思うんだな、流石炎上商法」

「科捜研の男wwwwあれですか、釣りってやつですか炎上商法ですかwwww船越さん出るから見るだけ見てみたいけどな。」

「フジ黄金期なら「狙ったでしょ?w」とニヤニヤされるだけで済むが、落ち目のこの時期だと「炎上狙ったでしょ?」にしかならないw」

「科捜研の男wwすごいなフジ 炎上商法かな」

「炎上芸とか披露しなくていいんですよね…普通に普通のタイトルつけてくれれば良いのに、なぜ科捜研の男…」

確かに、話題性を狙ったタイトルなのは間違いないでしょうが、現在の「フジテレビ」がやったとなると、どうしてもマイナスなイメージで捉えられてしまうみたいですね・・。

 

ドラマ『トレース~科捜研の男』の主演を務める錦戸亮さんも、

また、沢口靖子主演のドラマ『科捜研の女』(テレビ朝日系)を連想させる本作のタイトルについて錦戸は「大丈夫なんですか? 笑」と一言。さらに「科捜研といえば『科捜研の女』が出てきますし、イメージ強いんで」としながら、「対抗したいというわけではありませんし、あそこまで長く続く番組ということは魅力がある番組でしょうし、負けないような魅力のある番組になればいいと思います」と意気込みを語った。
出典:https://web.smartnews.com/articles/fkzJFGuVtob

「あそこまで長く続く番組ということは魅力がある番組でしょうし」と語る錦戸さんですが、観たことないんでしょうかね・・。あまりドラマとか見ないんでしょうか・・。

まあ、とにかく出演する「本人」も心配になるくらい「パクリっぽい」タイトルに、驚いているみたいですね。

 

ドラマ『トレース~科捜研の男』はパクリ!原作は全然違う内容?

さて、ドラマ『トレース~科捜研の男』がパクリなのかを調べていたら、次のようなコメントが沢山ありました。

「科捜研の男って科捜研の女のパクリって言ってる奴はトレース原作読め!

「原作を読むとまったく違う事で逆に良い感じになると期待してます。俺も念願だったドラマ化おめでとうございます。」

「科捜研の男がパクリだと!??トレースはな原作は漫画なんだよ!

テレビ朝日のドラマ『科捜研の女』とは、全然違う内容だそうですが、どんな内容なんでしょうか・・・。

原作漫画のあらすじを見てみようと思います。

23年前の6月、当時小学生だった真野礼二は学校から帰宅後に、自宅で何者かに惨殺された家族の変わり果てた姿を発見する。

葬儀で真野はこの事件の真相を自らの手で解明することを涙ながらに誓い、警視庁科学捜査研究所の法医科に所属する法医研究員となる。

他の研究員とは異なり、推論や憶測ではなく、あくまでも鑑定結果を第一と考える。時に見解の違いから警察とぶつかることも多いのだが、警察が事件とは無関係であると判断した証拠品であっても、自身の中で納得が得られなければ、真野はあらゆる方法を駆使し徹底した鑑定を行う。

そして、鑑定を行うことで被害者が現場に遺した無念を明らかにしていくことになる。
出典:ウィキペディア

確かに「科捜研にいる」という設定意外、「科捜研の女」とは全く違ったお話になりそうです。

主人公の真野は、人付き合いも苦手そうですし、自分の辛い過去の真相を究明するために追及し続けているあたり、「科捜研の女」よりも格段に「シリアス」な内容になりそうですね。

あらすじを読んでみて思ったのが、「科捜研の女」よりもTBSドラマ、主演に石原さとみさんが演じた「アンナチュラル」っぽい内容だなと思いました。

自分の辛い過去を、仕事によってだんだんと暴いていく姿や、同じ職場の、タイプの違った異性と切磋琢磨しながら成長していく姿なんかも、「アンナチュラルっぽいな」と思いました。

まあ、どちらにせよ「科捜研の女」のパクリでないことだけは、はっきりしましたね。

 

ドラマ『トレース~科捜研の男』はパクリ!原作者が元科捜研?

実はこのドラマ『トレース~科捜研の男』の原作漫画の作者は、もと「科捜研」に勤めていたらしいです。

作者の古賀慶は元科学捜査研究所の研究員であり、研究員時代は「犯人を捕まえたい」「真実を明らかにしたい」という思いを抱いて鑑定に臨んでいたという。元科捜研の研究員らしく背景や備品などがリアルに描かれているのが特徴である。
出典:ウィキペディア

なので、出てくる背景やら備品が「リアル」なことで話題になっている漫画らしいのです。

元科捜研というと、これはもうまぎれもない「本物」なんですね。

そりゃ、描写や備品、科捜研の内情などもリアルなわけですよね。

もしかしたら「科捜研の女」よりも、より「リアルな」科捜研が描かれるかも知れません。

そのあたり、いろいろ見くらべたら面白そうですね。

まとめ

今回はドラマ『トレース~科捜研の男』がパクリなのかどうかの検証と、原作の内容についてまとめてみました。

最初からわかってはいましたが、タイトルは明らかに「科捜研の女」を意識したものですが、内容は全く違う内容でした。

まあ、話題作り感は否めないものの、これくらいのシャレならばさらっと許してもいいのではと思ってしまいますが、「炎上商法」といわれても仕方ない面はありそうですね。

というわけで今回はここまで!

最後までおよみいただき、ありがとうございました!