2018秋ドラマ

大恋愛6話の評価感想とネタバレ視聴率。小池徹平のキスがホラー?

うさぎ♪

こんにちはうさぎ♪です。

2018年11月16日に放送されたドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第6話。

第5話で結婚した二人の平和な日常が見られると思ったら、やっぱりドラマ!思わぬ方向から「刺客」がやってきて視聴者は動揺している様子です。

というわけで今回はドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第6話の評価感想をまとめてみたいと思います。

大恋愛5話ネタバレと評価感想視聴率まとめ!脳みそと~書籍化希望?


スポンサードリンク

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第6話評価感想!小池徹平ふざけるな!

今回の第6話、とにかくなんといっても話題になっているのが小池徹平さん演じる松尾公平という存在。

MICと診断されたとたんに奥さんに逃げられたらしい、現在保育士をしている公平ですが、6話の最後にとんでもないことをしでかしてくれましたよ!

「大恋愛観たワイ「ふざけんな小池徹平!!!!」

「小池徹平の役はキモ怖かったけど、これから益々面白そう、大恋愛。」

「ちょちょちょっとーーーーーー!!小池くん何してくれてんのよ😠!波乱の予感」

「久しぶりだわ TVの前で一人で叫んだの」

「大恋愛の今日の回を見て、小池徹平たゃんが、一気に嫌いになった。気がする。そのくらいに、嫌な役を完璧にやってる。あの役柄は、嫌いだな。今、幸せな時に、この役をよく引き受けたな」

「すごい勢いで嫌われていく小池徹平」

ネタバレになるので、あえて伏せますけど、とにかく最後の最後で「おい!おいおいおい!」と筆者も声を出してしまいました・・。

笑顔の素敵なキャラクターだと思ったら、とんでもない人間だということがわかりましたが、このドラマ、これからさらに波乱の予感です。

それにしても、このドラマが進むにつれて、小池徹平さんの好感度が下がりそうな予感がしますね。


スポンサードリンク


ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第6話評価感想!薫と侑市がちょっと接近?

講演の直前に尚が倒れ、それを心配した尚の母薫(草刈民代)が、ふらついて倒れそうになった時、優しく支えてあげた上に、手を握って脈をはかっていた侑市でしたが、なんだかちょっとだけ「いい雰囲気」に見えていました。

「松岡くんはまさかのお母さんにフラっと行ってる?感じだし。面白いわ。」

「てか、井原先生まさかの尚のお母さんとって展開??」

「てっちゃんも衝撃やったけどママと井原先生が1番衝撃だった」

「ゆういちさんとお母さん??え?ついていけんぞ」

 

とくに二人の間で何があったというわけでもないのですが、撮影の仕方とか、カメラの撮り方とかで

「もしかして、今後何かあるのか?」という雰囲気がしましたね。

薫はすでに夫が亡くなっているとはいえ、とはいえ、侑市とどうにかなるという展開って、あるもんなんでしょうかね・・・。

第6話、いろんなことが起こりすぎて、整理がつきませんわ・・。

 

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第6話評価感想!チューが、なんかすごい・・・。

晴れて結婚して、新婚生活を謳歌している真司(ムロツヨシ)と尚(戸田恵梨香)ですが、 二人の「イチャイチャぶり」がかなり話題になってました。

特に、さりげなく振り返りざまにチューを、しかも2回もするあたりがすごくかわいいと言われてます。

「ムロツヨシになったら俺も戸田恵梨香とチューできるの?もう将来ムロツヨシになろ…」

「「そぉだけど〜」って言いながらチューするの戸田恵梨香可愛すぎて気絶した、、、来世は戸田恵梨香と結婚したい」

「振り向きチューは何度も見返すんだろうけど、今回だけは最後は見れないだろうな」

「ムロツヨシが新しい呪文を覚えた。使いまくって戸田恵梨香とチューしとるぞ」

「尚ちゃんと真司さんの振り向きながらのチューをもっと観ていたかった」

「とりあえずつらすぎるので、新婚夫婦のイチャイチャを観まくって寝ます」

ムロツヨシさんが「みんなの前で喋るんだろ?」というセリフをはすると、「そうなんだけど~」と言いながら戸田恵梨香さんが振り向きながらチューをするという流れが2回も繰り返されましたが、

いやあ、とってもかわいかったですね。

あれは素晴らしいですね。


スポンサードリンク


ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第6話評価感想!全体的な評価をまとめると・・・。

とにかく、大きな展開の多い第6話でした。

第5話でも、最初から最後まで実が離せない展開でしたから、第6話では二人の新婚イチャイチャが静かにゆったり見られるかと思ったら、衝撃的な展開が目白押して、かなり動揺していた人が沢山いた模様です。

まずは、ムロツヨシさんと戸田恵梨香さんの「新婚イチャイチャ」

多くの人がうらやましいと感じているみたいでした。何度も見返している人も多いと思います。

そして、松岡昌宏さん演じる侑市と、草刈民代さん演じる薫との「ちょっとした、何か」も話題になっていました。

今後、二人の間に何か展開があるのか、みなさん気にしていました。

そして最後の最後、小池徹平さんが演じる松尾公平が、ベッドで寝ている尚にキスをするという展開は、もうほとんど「ホラー」と言っていいほどの衝撃でした・・。

こんな展開を多くの人は予想していなかったみたいで、横からいきなり入ってきた刺客に、かなり動揺している雰囲気でした。

この場面で、「声が出てしまった」という人が続出している様子でしたね。

とにかく、最後の衝撃がすごすぎた6話だったので、みなさんの頭はそれに染まっている様子でした。

 

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第6話評価感想!見てみた感想。

筆者もドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第6話を見てみました。

二人が結婚し、イチャイチャ新婚生活を謳歌しているのは、すごく自然な演技ですごくよかったです。

このドラマ、ムロツヨシさんのおかげなのか、何気ない日常バートがすごく自然で、すごく楽しそうに演じられている雰囲気がどんどん伝わってくるので、いつもなんだか楽しんで見られます。

こういうシーンが、なんだか救われるというか、じわじわと楽しいんですよね。

ただ、逆にそういった「何気ない日常が楽しい」シーンがあればあるほど、この先に起こるであろう展開を心配してしまう、この幸せはいつまでも続かないという現実がどんどん迫ってくるので、すごい演出だなあと感じました。

そして何より、小池徹平さん演じる公平が、めちゃくちゃ怖い・・・。

小池徹平さんの「キラースマイル」のせいで、怖さが倍増!ほとんど「ホラー」なんですよね・・・。

正直、最後のシーンでは「ムロツヨシ急げ!!」と心の中で叫んでいましたが、あんなふうに二人の間をかき乱す人物が現れるとは予想もしていなかったので、すごく驚きました・・・。

そして、松岡さん演じる侑市ですが、尚のことはもう完全にあきらめている雰囲気で「もう波乱はないのかな?」と思っていたのですが、まさかのお母さん、薫と何かあるのか?をにおわせる展開もあったので、もう目が離せませんね・・・。

扱っているテーマのわりに重くないドラマで、笑えるパートが結構多いので好きで見ているのですが、毎回おどろかせてくる展開があるので、笑ったり、驚いたり、怖かったりと、かなり楽しませてもらっています。

それにしても、これからどうなるのか、全然予測がつかないです。面白いドラマだと思います。


スポンサードリンク


ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第6話のネタバレ

ここではドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第6話の簡単なネタバレを書きたいと思います。

素直な気持ちを伝え合い、ついに結婚した尚(戸田恵梨香)と真司(ムロツヨシ)。
周囲に祝福され、幸せな結婚式を挙げたのもつかの間、二人の行く手に新たな脅威が迫っていた。

新居に引越し、新生活をはじめた尚と真司。
ある日二人は、病院で松尾公平(小池徹平)と出会う。
若年性アルツハイマー病患者である公平は、病気が発覚した途端妻に去られ、生きがいである仕事も失いそうになっていた。

一見、子供好きで笑顔が爽やかな好青年の公平だったが、その裏に深い闇を隠し持っていた。
一方、真司は思い切って尚に「こどもが欲しい」と告げる。
尚は「無理だと思う」と伝えるが、迷いもあって・・・。
そんな中、尚は侑市(松岡昌宏)の勧めもあり、自身の病気について大学で発表することになる。

出典:https://www.tbs.co.jp/dairenai_tbs/story/6.html

大学での発表の当日。

真司はかねてから取材をしたいと思っていた有名な建築家とのインタビューの為に、尚の講演には遅刻する形になっていた。

そして尚の発表の時間に。侑市の紹介を受けて壇上に立つ尚だったが、その時突然マイクがハウリングを起こし「キーン」という音が会場に鳴り響く。

雑音は短時間で鳴りやんだが、その音をきっかけに尚は倒れてしまう。

担架に乗せられて運ばれる尚だったか、それを不敵な笑顔で見つめている公平だった。

尚が倒れ、母である薫は真司に電話をかける。真司に一通り説明を終えると電話を切るが、度重なる心労のせいか、薫が倒れそうになってしまう。そこに侑市が通りかかり、薫を支えてあげるのだった。

病院に到着する真司。急いで尚がいる病室に向かうのだか、尚の病室には、公平がいた。

「真司」うわごとをいう尚に向かって、「そうだよ、ぼくが真司だよ」と言い、そのまま尚にキスをする公平。

そしてそこに真司が到着する。

公平は立ち上がり、真司をみて笑みを浮かべていた。

公平をはねのけ、尚に語り掛ける真司だったが、尚は真司のことをきちんと認識できていない様子だった・・・。

と第6話のネタバレはざっくりとこんな感じでした。

 

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第7話のあらすじ

真司(ムロツヨシ)が急ぎで病室に駆けつけると、意識が朦朧とした尚(戸田恵梨香)と公平(小池徹平)がキスをしていた。目の前で起こった出来事に困惑する真司だったが、尚は真司を認識していない様子で…。
失神の原因はわからないと言う侑市(松岡昌宏)に食ってかかる真司を、薫(草刈民代)がなだめるのだった。
大事なときに一緒にいられなかったと悔やむ真司。
翌朝、尚は、公平とのキスも、真司を認識できなかったこともすっかり忘れてしまっていた。
真司は公平を問い詰め、警告するが…。
そんな中、真司は小説の続編を書く決心をする。
一方、尚は、症状が改善されたらこどもを産みたいと侑市に相談するが、帰宅するとそんな話をしたことも忘れてしまっていて…。
出典:https://www.tbs.co.jp/dairenai_tbs/story/7.html

突然登場してきた公平というわけのわからない男に対して、真司はどんな風に対応していくんでしょうか・・・。

公平も病気を抱え、しかも心に闇を抱えているだけに、簡単にはいかなさそうな雰囲気ですが・・。

このまま幸せには終わらないだろうということはわかってはいましたが、まさかこんな展開が待っているとは思いもよりませんでした・・。

これからの展開が楽しみですね。


スポンサードリンク


ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第6話の視聴率は?

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第6話ですが、視聴率はどのくらいだったのでしょうか?

6話 7.6%

何故かこのドラマ最低の数字が第6話でたたき出されてしまいました・・。どうしてなんでしょうかね。内容はすごかったんですけど。

今までの視聴率を下にまとめてありますけど、下がりすぎですよ。

ドラマ『大恋愛』視聴率と評価感想!ムロツヨシの演技が面白い?

 

まとめ

今回はドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第6話の評価感想をまとめてみました。

かなり大展開があった第6話でしたが、7話もいろいろとありそうな感じなので、ますます目が離せなくなってきた大恋愛。今後さらに視聴率も話題性も上がっていくような気がします。

それにしても、まったく予想のつかない展開が出てきたので、わくわくしちゃいますね・・・。

これからが結構楽しみですが、ハッピーエンドになってほしいなあ・・。

というわけで今回はここまで!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!


スポンサードリンク