2018秋ドラマ

獣になれない私たち:あらすじキャスト相関図!視聴率に不安も?

こんにちはうさぎ♪です。

2018年10月、日テレにて放送されるドラマ『獣になれない私たち』

日本テレビの水曜日よる22時に放送のドラマですが、主演に新垣結衣さん、そして松田龍平さん、そしてなんと脚本に『逃げるは恥だが役に立つ』の野木亜紀子さんを迎えたオリジナルドラマが放送されます。

「新垣結衣」さんと「野木亜紀子」さんのタッグは、なんとこれで4作目!

前作の「逃げ恥」は大ヒットしましたし、脚本の野木亜紀子さんの脚本で大ヒットした『アンナチュラル』も話題になったので、この作品には嫌でも注目が集まってしまいますね♪

というか「良さそううな」雰囲気しか感じない!間違いなくヒットするドラマになると思います。

さて今回はドラマ『獣になれない私たち』あらすじとキャスト、相関図をまとめてみたいと思います!

ちょっとだけ「視聴率は大丈夫?」と心配している声もあるみたいですが・・・。

獣になれない私たち松任谷夢子役の女優は誰?かわいいハスキー声が話題!

『獣になれない私たち』視聴率と評価感想。新垣結衣の演技が辛い?


スポンサードリンク

ドラマ『獣になれない私たち』のあらすじは?

ではさっそくあらすじを見てみようと思います。

このドラマは二人の、一見「仕事もできるし、人付き合いだって完璧、何よりみんなに好かれてる」どこから見ても問題のなさそうな二人が、仕事帰りのクラフトビールバーで出会うところから始まる物語。

主人公のひとり、深海晶(新垣結衣)は30歳。

常に笑顔で仕事は「完璧!」どこからどう見ても「愛されオンナ」だけど、実はその見た目も、彼女の「隠れた努力」で成り立っていた。

仕事でもプライベートでも、周りに気を使って頑張るけど、いつの間にか仕事を押し付けられてヘトヘト。

「私って、何のためにこんなにがんばってるの?誰かをすごく好きになって、素直に恋をしたいだけなのに」

そしてもうひとりの主人公、根元恒星(松田龍平)、33歳。

世渡り上手で人当たりのいい、そして女にも持てる完璧な男、でもって敏腕会計士・・。

どこにも非の打ち所は見当たらないが、実は調子よく振る舞っているだけで、中身は冷めた目で周りを観察していることを、誰も知らない。

誰も信用しない、無防備にほとを愛せるほど馬鹿でもない。

のだが、順調だった仕事はいつの間にかやばい状況に放り込まれていて・・。「俺の人生、もうなるようになれ・・」と投げやりになっていました。

そんな、一見完璧な二人が、出会い、利害関係のない「赤の他人」だからこそぶつけ合える本音の中で、傷つきながらも自分らしく踏み出していく、そんなお話です。

ドラマ、コメディな部分もありつつ、ときに切なく、そしてジリジリと現代に生きる人々のリアルな姿を描き出しているそうです。

とりあえず、このあらすじを読んで見るだけだと、どんなふうなドラマになるのか、見当が付きませんね。

まだまだ情報が少ないので、新たな情報を待ちましょう!

主に会話劇みたいな展開になるんでしょうかね?

ドラマ『獣になれない私たち』のキャストは?

今度はドラマ『獣になれない私たち』のキャストをまとめてみたいと思います。

深海晶・・・新垣結衣

常に笑顔で感じもよく、仕事のできる女だけど、実は結構無理してる30歳の女性。

新垣結衣さん自身も笑顔の裏に何を考えているかわからない「クールな」側面が見え隠れしたりすることがあるので、もしかして新垣さん自身にも重なってくる部分があるのかも・・・。

仕事を次から次へと任されて、ヘロヘロになっているところで、根本とクラフトビールバーで出会います。

根本恒星・・・松田龍平

世渡り上手で人あたりもいい「モテる」敏腕会計士。だけど実はすべてを冷めた目で見ているという、松田龍平さんにピッタリの役柄ですね。

目がいつも冷めてますもんね♪そこがいいんですけどね。

今まではうまくやっていた根本でしたが、思いがけず「ヤバイ」案件に片足を突っ込んで「もう、どうにでもなれ・・」と半ばやけになっていたところで、深海と出会うことに・・。

松田龍平さんが出るということで「暗いお話になるのでは・・・」と心配している人がいるみたいですが(笑)

脚本の野木亜紀子さんは「俳優のイメージを変える」脚本家としてしられていて、今までも

空飛ぶ広報室:綾野剛→かわいいキャラ
掟上今日子の備忘録:岡田将生→ダメだけど誠実キャラ

などなど、それまでのイメージを一新するような脚本を書くらしい。なので、今回の松田龍平さんがどんな描かれ方をするのか、とっても楽しみですね♪

現時点で公表されているのは主演のお二人だけですが、どんなどら名になるのかまだ全然わかりませんね。続報を待ちましょう!


スポンサードリンク


ドラマ『獣になれない私たち』相関図

ドラマ『獣になれない私たち』視聴率に不安も?

新垣結衣さんと野木亜紀子さんのタッグということで、どうしても注目されてしまう今回のドラマ『獣になれない私たち』。

どうやら「放送枠」のせいで、視聴率が低くなるのではないか?と噂されています。

『anone』は5%台を記録し続け爆死。さらに、阿川佐和子原作で吉高由里子主演の『正義のセ』、現在放送中の野島伸司脚本で石原さとみ主演の『高嶺の花』と話題性がある作品が多いものの、平均視聴率は10%を切っており苦戦を見せている。そのため一部の視聴者の間では『日テレ水曜10時枠で大丈夫なのか?』という声が上がっている状態です」
出典:http://www.cyzo.com/2018/08/post_172742_entry.html

日本テレビ水曜日22時の枠は現在、石原さとみさん主演の『高嶺の花』が放送されています。

初回視聴率は11.1% 平均視聴率は9.2%と、そこそこの数字・・。

主演石原さとみさんと、脚本が野島伸司さんということで前評判ではかなり注目もされていましたが、なかなか伸びていかないというのが現状みたいです。悪い数字ではないですけどね・・。

過去の作品を振り返ってみると・・・。

・『正義のセ』初回11.0% 平均9.77%

・『anone』初回9.2% 平均6.16%

・『奥様は取り扱い注意』初回11.4% 平均12.65%

・『過保護のカホコ』初回視聴率11.6% 平均11.47%

・『母になる』初回視聴率10.6% 平均9.17%

・『東京タラレバ娘』初回視聴率13.8% 平均11.39%

こうして見てみると、コンスタントに平均10%は超えてきているドラマ枠なので、決して放送枠が「不利」という雰囲気もしないのですが、どうしても『anone』での大コケが印象に残っているのでしょうか・・・。

確かに、じりじりと下がってきてはいますが・・・。それはこの枠だけに限ったことでもありませんからね。

「タラレバ娘」も「過保護のカホコ」も「奥様は取り扱い注意」も、結構話題になった作品。コンスタントにヒットを飛ばしている枠なので、「大コケ!」ということにはならないのではと予測しています。

上にも書きましたが、松田龍平さんが出ていると「暗い話なのでは」と心配する人もいるみたいですが。これは野木さん脚本なので大丈夫そう!あたらしいイメージの松田龍平さんが楽しみですね♪

 

まとめ

今回はドラマ『獣になれない私たち』のあらすじ・キャストをまとめてみました!

新垣結衣さんも松田龍平さんもどちらも大好きなので、個人的にとても楽しみです。

今回のドラマ、まだまだ全貌はわかりませんが、脚本家野木亜紀子さんのオリジナル作品ということで、かなり注目も集まります!

大ヒットする予感プンプンですね。

というわけで今回はここまで!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

獣になれない私たち新垣結衣(ガッキー)の派手な衣装が話題!

獣になれない私たち上野役犬飼貴丈のかっこいい画像まとめ!演技もすごい?


スポンサードリンク